ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 聖市北部のヴィラ・ノヴァ・カショエイリーニャ地区アウグスト・ジル街で、5日未明0時半頃、バスを盗み、飲酒運転した男が現行犯逮捕された。精肉店勤務のジュリオ・セーザル・ペレイラ容疑者(29)は、酒に酔って歩いている時、エンジンキーが刺さったままのバスを見つけて乗り込むと、高速で走り出した。盗難バスは停車中の車や他のバスにも接触後も暴走したが、容疑者がコントロールを失い、自動車整備工場に突っ込んであえなく逮捕となった。容疑者の身柄は第72警察署に送られた。
     ◎    
 北大河州モソロー市に住む元路上駐車誘導員のアジレイウソン・デ・ソウザ・ブラジルさん(30)は苦学の末、公立校の数学教師として新たなスタートを切る事になった。「『決心』が鍵だった。自分には経済的にも感情的にも安定した生活が必要だと気付き、本気で勉強を始めた」と、彼は人生の転機となった瞬間を振り返る。彼の住んでいた地区は決して豊かとはいえず、勉学には常に困難が付きまとったが、諦めなかった。「教育は人生を変える。僕がそうだったようにね」と笑顔で語った。
     ◎  
 買い物客でにぎわう聖市中央のボン・レチーロ区ジョゼ・パウリーノ街は舗装工事が滞り、通行人や商店主の苦情が募っている。最後に行われた舗装工事は11年11月で、その前は08年に遡る。敷石がはがれた歩道では、穴や段差を避けて歩かなくてはならない。言語療法士のマリアーネ・リシェットさん(26)も5日朝、母親と買い物中に木片につまずいて転びかけ、「怖くて歩けない」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • 東西南北2017年5月30日 東西南北  サンパウロ市地下鉄4号線において、「第3弾建設計画」で建設を期待されていたシャッカラ・ド・ジョケイ駅とラルゴ・ド・タボアン駅が、少なくともジェラウド・アウキミン現サンパウロ州知事の任期中の2018年中には建設に取り掛からないことが明らかにされた。この2駅の建設案は2012年に […]
  • 東西南北2017年3月11日 東西南北  サンパウロ市交通公社(CET)が9日に、1、2月にチエテ、ピニェイロスの両マルジナルで起きた交通事故の数を発表した。ドリア市政になって自動車の制限速度が緩和されて以来、初めての統計となったが、それによると、死者の出た交通事故はこの2カ月間に102件発生したという。昨年同期は5 […]
  • 東西南北2016年10月25日 東西南北  20日、大サンパウロ市圏グアルーリョス市ピメンタス区の空き家で、20年ほど前から行方不明となっていたアルマンド・ベゼーラ・デ・アンドラーデさん(36)が発見された。アルマンドさんはベッドがあるだけのトイレ付の部屋に閉じ込められており、この家の近所にいるはずの麻薬の運び屋を捕ま […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]