fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 フェルナンド・ハダジサンパウロ市市長は、様々な企業家を招いて、15年以降のバス料金を決めるための委員会を作る意向だ。委員会の設置は、市とバス会社の間に立って交渉を行いやすくするためだという。サンパウロ市のバス料金は13年に3・00レアルから3・20レアルに上がったが、同年6月のマニフェスタソンの影響で値上げをとりやめている。前回の値上げは2011年1月で、その後のサンパウロ市でのインフレは20・34%だから、それを単純にバス料金に反映すると3・60レアルとなるが、さて、どうなるか。バス料金値上げの発表は、今月中に行われると見られている。
     ◎
 大サンパウロ市圏サンカエターノの市立校、「アンネ・サリヴァン」が廃校の危機にあると3日付アゴラ紙が報じている。同校は、自閉症や脳性麻痺をはじめ、様々な障害を抱えた子供たちを専門的に扱う学校として知られ、同校に子供を通わせている親の中には「このような学校がサンパウロ市にないからサンカエターノに引っ越した」と語る人もいる。学校側によると、廃校の理由は、「障害児も一般の学校で受けいれるよう法が改正されたから」という。子供の立場での判断を求めたいが。
     ◎
 尿路感染で11月24日にサンパウロ市アルベルト・アインシュタインに入院した「サッカーの王」ペレが、快方に向っている。同月27日にUTI(集中治療室)に移され、その後の経過が心配されていたが、薬の交換と人工透析が功を奏し、2日にはUTIと一般病室の中間の部屋に移った。投薬は続いているが人工透析は終り平熱だ。食事も歩行も自力で行っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年10月11日 東西南北  9日、次期市長と現市長が共にサンパウロ市を代表する大通りに登場して話題を呼んだ。次期市長のジョアン・ドリア氏は西部ファリア・リマ大通りにサイクリング・スーツを着て登場。連れの人たちと共に自転車道の視察を兼ねたサイクリングを行なった。市長就任の際には自転車道を削減するのではと噂 […]
  • 【日本移民の日2019】台頭するブラジルの異才、鬼才=黄金期再来を予感させる映画界=世界的活躍へ一歩踏み出す音楽界2019年6月20日 【日本移民の日2019】台頭するブラジルの異才、鬼才=黄金期再来を予感させる映画界=世界的活躍へ一歩踏み出す音楽界  「文化はあまり重要視されない」「支援金が減らされる」―これがボルソナロ政権時代にブラジルの文化環境に関してよく言われる言葉だ。だが、こう言っては不謹慎かもしれないが、ブラジルの場合、かつて民主主義と自由が抑圧されていた軍事政権時に映画も音楽も発展を遂げた、という歴史的 […]
  • 東西南北2019年2月19日 東西南北  15日夜、大サンパウロ市圏一帯で強い雨が降り、各地で大きな被害が出た。サンパウロ市では128本の落木と59の冠水、78の土砂崩れを記録した。市近郊サンカエターノ・ド・スウ市では12メートルもの大木が倒れ、民家2軒の一部を破壊する事故も起きた。この雨で大サンパウロ市圏の主要6水 […]
  • 東西南北2019年1月22日 東西南北  ボルソナロ大統領は21日、世界経済フォーラムの開催されるスイスのダボスに到着した。出発直前は長男のフラヴィオ氏を巡るスキャンダルがブラジル全土を賑わせ、「汚職撲滅」を国民から期待されたボルソナロ一族の信用に傷がついたこともあり、そちらに後ろ髪を引かれるような気持ちでの出発だっ […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]