樹海

 「腹八分目に医者いらず」「大食短命」などと、日本には大食を戒めることわざがある。こうした昔ながらの知恵は、現代にあっては「迷信」として片付けられることも多いが、近年それが、別名〃長生き遺伝子〃と呼ばれる「サーチュイン遺伝子」の発見により、科学的事実だと言われだした▼「サーチュイン遺伝子」とは、その活性化により寿命が延びるとされる遺伝子だ。普段は冬眠状態にあるが、カロリー制限をしたり飢餓状態に置かれたりすることでスイッチが入り、活性化する遺伝子とか。実際に、単細胞生物、昆虫、ねずみなど小動物では、カロリー制限による長寿・抗老化作用が証明されている▼米ウィスコンシン国立霊長類研究センターでは、この説が霊長類にも当てはまるかを確かめるべく、猿で実験を行なった。餌を制限なく食べられるA群と、30%のカロリー制限をしたB群に分けて20年以上にわたり飼育し、死亡率や疾患率を見た所、B群はA群より寿命が長く疾患・死亡リスクも減少、見た目も若々しかったという。まさに「大食短命」の結果となった▼これらの検証はまだまだ研究段階で、無防備に飛びつくと健康を損ねかねないが、日本では「一日一食で若返る」と小食を進める医師まで現れた。そういえばコラム子の家人も今年で50歳になるが、一日一食、多くて2食しか食べないのに病気一つせず、肌にはしみもしわもない…▼当地でよく言われるのは、「日本人は年をとっても若く見え、ブラジル人が老けるのが早い」ということ。原因は食事の質、内容、遺伝子、それとも生活習慣? いやいや、ひょっとしたら「食べ過ぎ」に思わぬ落とし穴があるのかも。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=市民総数は1170万人=100年間で人口は6倍に2020年1月22日 サンパウロ市=市民総数は1170万人=100年間で人口は6倍に  サンパウロ州データ分析システム財団が、25日に市政466年を迎えるサンパウロ市の人口は1186万9660人と発表した。  同システムによると、2050年の同市の人口は1200万人となる見込みで、1950年の200万人と比べると、100年間で6倍に増える計算になるとい […]
  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(39)2017年8月12日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(39)  しかし、私にとってはまだブラジル一年生で生計も充分でないこれからという時代(1963年頃)だった。ところが先輩移民のこうした要請を蔑にすることは、特に青年隊移民で世話になって移住した自分にとって無礼は許されず、家族を説得し時々参加せざるを得ない立場となった。  ところが時を […]
  • 雑誌「BUMBA!」=34号発売中2010年6月5日 雑誌「BUMBA!」=34号発売中 ニッケイ新聞 2010年6月5日付け  自然と文化の情報誌『BUMBA!』34号がこのほど発行された。  ブラジルの若者に広がるロリータファッション、企業インタビュー「新日鉄とウジミナス」、サンパウロ市を代表する巨大アパート「コパン」などを紹介する。 […]
  • 軽業師竹沢万次の謎を追う=サーカスに見る日伯交流史=第18回=オリメシャ家の華麗な活躍2016年3月15日 軽業師竹沢万次の謎を追う=サーカスに見る日伯交流史=第18回=オリメシャ家の華麗な活躍  Funarte(国立芸術基金)の機関誌『Programacao […]
  • 大耳小耳2015年5月5日 大耳小耳  サンパウロ市の寿司チェーン店「ナル」(www.narusushi.com.br)が7月、米国フロリダ州に支店をオープンする。サンパウロ市内にはアウト・ダ・ラッパ(Praca Tomas Morus, 200)とペルジーゼス(Rua Dr. Jose Elias, […]