fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 15日から、サンパウロ市セントロでの自動車の最高速度が変更されることになる。交通技術公社(CET)によると、リベルダーデやブリガデイロ・ルイス・アントニオなど七つの大通りとコンソラソン通りでは最高速度が時速40キロ、ランジェル・ペスターナ大通りをはじめとした七つの通りでは時速50キロに落とされる。これは同市が13年から行っている「アレア40」というプロジェクトの一環で、これまでにもラッパ(西部)、サンターナ(北部)、モエマ(南部)、ペーニャ(東部)で同様の規制が行われている。サンパウロ市としてはこの規制によって交通事故を減らしたいところで、うまくいくことに期待したい。
     ◎
 大サンパウロ市圏サントアンドレに、画期的な宅配法を編み出そうとしているピザ屋がある。その店、「ヴェロ・ヴェルデ」は、小型の無人飛行機にピザを乗せて運ぶ実験を10月に敢行し、手ごたえを得ている。これは、ネット販売企業のアマゾンなどが米国で行っている商品発送から学んだものだという。仮にこの方法でピザを宅配したい場合、民間航空監督庁(Anac)などの航空許可が必要となるが、飛行よりピザの安定の方が気になる。
     ◎
 10日に続き11日も強い雨がサンパウロ市を襲い、特に冠水が目立った南部では、マルジナル・ピニェイロスが通行止めになるほどだった。だが、この雨で10ミリ以上の水位の上昇を見たのはグアラピランガなど南部の三つの水系に止まり、カンタレイラやアウト・チエテの水位はむしろ下がった。地域バランスの取れた降雨が今後の課題だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パラナ110周年=2万人式典で盛大に祝う=マリンガーで移民エキスポ=皇室御訪問に向け準備着々2018年1月12日 パラナ110周年=2万人式典で盛大に祝う=マリンガーで移民エキスポ=皇室御訪問に向け準備着々  移民百周年記念式典で約7万5千人をローランジアに集めたパラナ日系社会は、移民110周年で再び大祭典を挙行すべく、着々と準備を進めている。パラナ州では7月19、20、21日の3日間に渡りマリンガーで『移民110周年エキスポ』を開催し、記念式典を20日午後7時から行う。1 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(3)=マラリアに五十数回罹る2017年4月6日 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(3)=マラリアに五十数回罹る  17日の夕食会に駆け付けてくれた地元の田辺俊介さん(69、鹿児島県)は、ロンドニア日伯文化協会の発起人の一人。6歳で家族と入植し、ずっとポルト・ヴェーリョに住む。29家族のうち、現地残留組は田辺家、須藤家、門脇家、松野家など4、5家族だという。「母親は3人生きているが、父 […]
  • 二宮尊徳翁とアマゾン開拓=報徳の森に生かされる=神奈川県在住 松田 パウロ=(下)2017年2月2日 二宮尊徳翁とアマゾン開拓=報徳の森に生かされる=神奈川県在住 松田 パウロ=(下) 森林農法  黎明期のアカラ移住地は、野菜の生産で命脈をつないでいた。  期待のカカオ樹は、病害で全滅し、全力投入の米の市場も無い。  大河流域の乾季には、無尽蔵と想われる魚類が市場に溢れ、人間の経済活動を嘲笑う原始河川の躍動は、日本神話の「海幸山幸」の豊穣の世界そのま […]
  • 東西南北2017年2月1日 東西南北  1月はまとまった雨が降ったサンパウロ州。結局、カンタレイラ水系の同月の降水量は393ミリで、過去10年で3回しかない400ミリ到達はもう少しのところで逃した。それでも同水系の水位は未開水域分を除いても60%を超えた。同水系の水位が未開水域分を除いて0%に戻ったのは、2015年 […]