ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年2月28日

 今日付本紙で報じているCPTMルス駅での係員と口論した妊婦の電車事故の他に、25日は聖市の電車網で驚くべき事故が続いた日でもあった。同日朝は中央部セーの地下鉄3号線で27歳の女性が電車が近づいてくるタイミングでプラットフォームに突き落とされ、電車に轢かれて右腕を切断する悲劇が起こった。サンタカーザ病院に運ばれて手術をうけた女性は重体だが、容態は安定しており、呼吸機の力を借りずに呼吸できているという。目撃証言によると、突き落とした犯人は現場を立ち去る際、顔に笑みさえ浮かべていたという。現在警察は犯人を殺人未遂の容疑で捜査中だ。

     ◎

 聖市のサンバを代表した歌手で作曲家のアドニラン・バルボーザ(1910~82年)の親友としても知られた音楽家、「アルネスト」ことエルネスト・パウレッリが25日、大腿骨骨折で入院中だった病院で亡くなった。99歳だった。エルネストはアドニランと出会った際に名前を「アルネスト」と間違えられ、それを正したところ、アドニランが代表曲のひとつとなる「サンバ・ド・アルネスト」を書いたという逸話を持つ。埋葬は27日に行なわれた。

     ◎

 26日の聖州選手権、コリンチャンスはコメルシアルに3―0で快勝し2連勝。これで勝ち点17となり、グループB2位のイトゥアノに勝ち点差1まで迫ってきた。4連敗後に最下位となっていただけに尻に火がついたか。またサンパウロもピラシカーバに3―1で快勝。グループAの首位ペナポレンセに勝ち点で並んだ。そろそろ強豪が本気になりはじめたか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 東西南北2014年3月8日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月8日  2月27日に聖市中央部CPTMルス駅のホームで、38歳の女性が到着した電車に頭を直撃されて死亡した件で、直前に女性を取り押さえようとした警備員2人が業務過失上致死、口論した研修員が傷害容疑で起訴される可能性が出てきた。17歳の研修員は妊娠を […]
  • 東西南北2014年2月11日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年2月11日  9日付伯字紙によると、2013年第2四半期において、60歳以上の雇用者数が、前年同時期と比べて6・8%上昇していることがわかった。これは2番目に高かった40~59歳の2・4%に比べても3倍近い高さだ。また、失業率で見てみると、60歳以上は […]
  • 東西南北2014年2月7日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年2月7日  聖州選手権での不振に欲求不満のファンが今月1日に練習場に侵入して以来、調子が更に悪化したコリンチャンスは、5日のブラガンチーノ戦も0―2と惨敗で4連敗。業を煮やしたコリンチアーノはまたもスタジアムで暴れ放題となってしまった。そんな試合の真裏 […]
  • 東西南北2014年1月24日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年1月24日  州データ分析システム(Seade)が22日に発表したデータによると、2030年には聖市の少子高齢化が進み、高齢者と若者の割合が逆転するという。現在、聖市人口に占める15歳以下の割合は19・73%、60歳以上は13・18%だが、2030年に […]