ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 22日、午後から夜にかけて強い雨がサンパウロ州を襲い、サンパウロ市内でも被害が相次いだ。中央部のイジエノポリスでは倒木がタクシーを直撃し、乗客男性が死亡する事故が起き、南部イピランガでは川が氾濫し、警報が出た。市内では31カ所で冠水が起き、マルジナル・チエテや海岸方面に向うアンシェッタの中央車線など、通行止めとなる車線も出て、交通渋滞が相次いだ。公共交通機関では、市内中央部バンデイラのバスターミナルのプラットフォームが冠水し、地下鉄も3号線のサンタセシリアと1号線のアルメニアで駅構内に水が入り込んだ。CPTM12号線と7号線も冠水し、徐行運転や停止時間の延長などの措置がとられた。
     ◎
 この雨で23日午前9時現在でのサンパウロ州6大水系では、75・2ミリを記録したアウト・チエテをはじめ、4水系で水位の上昇を記録した。74・2ミリの降水を記録したグアラピランガでは月間降水量が196・4ミリとなり、12月の平均降水量(175・2ミリ)を上回った。ただ、カンタレイラの降水量は27・7ミリと比較的小さなものに終わり、水位の上昇もなかった。同水系の現時点での月間降水量は87・6ミリだ。
     ◎
 クリスマス・イヴを迎えた今日のサンパウロ市だが、大半の予報では引き続いて雨になると報じている。この状態は25日まで続くものと見られている。その後の天気は、26~27日は回復に向かうものの、大晦日の前までにまた雨が降りやすい天気に戻るという。祝いの時期に恨めしくはあるが、行楽に向かないサンパウロ市らしい天気は戻りつつあるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月8日 東西南北  ボルソナロ大統領が4日、大統領選の決選投票で争ったフェルナンド・ハダジ氏とツイッター上で口論を行い、話題となった。事の発端は、ドイツのメディアが昨年のブラジル大統領選を「非知性主義の勝利」と評した記事をハダジ氏がシェアしたのに対し、ボルソナロ氏が「刑務所の囚人の操り人形」が「 […]
  • 東西南北2018年11月1日 東西南北  今年に入り、地下鉄5号線をはじめ、新駅の開業ラッシュが続いていたサンパウロ市地下鉄やCPTM(都電)だが、2019年は予算が抑えられることになりそうだ。地下鉄が今年の予算より9・86%減の20億500万レアル、CPTMが8・8%減の34億1千万レアルとなる。これらはすでに、サ […]
  • 東西南北2018年4月3日 東西南北  グアルーリョス空港までのCPTM13号線が先週末に開通し、拡大整備が進む鉄道網だが、2日には3月から開通していた地下鉄5号線のエウカリプトス駅が通常運行となった。サンパウロ市地下鉄は今後も開通ラッシュが控えており、4号線のオスカー・フレイレ駅、5号線の3駅、15号線モノレール […]
  • アウキミンは「ブラジル政界の徳川家康」か?2017年12月8日 アウキミンは「ブラジル政界の徳川家康」か?  来年10月の大統領選挙は、汚職裁判で出馬失格の危険性のある中、国民の圧倒的な支持率を元に突っ走る元大統領のルーラ氏(労働者党・PT)と、「反ルーラ、反PT」の支持を集める極右候補のジャイール・ボルソナロ氏の一騎打ちのような様相を現時点では見せている。だが、まだ選挙本番 […]
  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]