ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 現在、サンパウロ大都市圏の住民は「76年ぶりの都市型黄熱病感染」の恐怖におびえている。サント・アンドレ(A)、サンベルナルド・ド・カンポ(B)、サンカエターノ(C)からなるABC地区でも遂に感染者が出た。サンベルナルド・ド・カンポ市内の雑木林に囲まれた地区で働く35歳の男性の感染が確認された。この男性はここ数カ月間、市外には出ておらず、市内にいて、ウイルスに感染した蚊に刺されたことになる。同市保健局によると、発症が疑われている人が他にもあと2人いるという。ジワジワと恐怖が近づいてきているのが、正しい情報を手に入れて、早めに予防接種を受けることが必要になってくる。
     ◎
 2月に入ってまだまとまった降雨をほとんど記録していないサンパウロ大都市圏。だが、ここ数日は夏とは思えない曇天や霧雨で、最高温度が23度程度にとどまっている。そのため、主要な貯水ダムの水位は1月末と同じか、むしろ上がっているところもあるほどだ。予報では、この曇りの状況は続く上、降水確率と雨量はこれから上がり、来週はまとまった雨が降るとか。となると、ちょうどサンパウロ市のカーニバルでスペシャルグループのパレードがある頃に天候が悪化するということか。予報が当たらないことを願いたい。
     ◎
 昨年クラブW杯を戦ったため、遅いオフに入ったグレミオ。今年はW杯開催年のため、州選手権も普段より早い1月17日に開幕したが、「休みはちゃんととる」とのレナト・ガウーショ監督の方針で、主力が出場し始めたのは2月から。監督本人も1月の4試合はベンチにも入らなかった。ただ、若手を起用した1月の4試合は負けが込み、初めて主力を起用した2月最初の試合でも、まだチームの状態は上がらずに敗戦を喫したことで、現在はリオ・グランデ・ド・スール州選手権1部12チーム中のなんと最下位だ。まさか、去年の南米大陸王者が年明け早々の州レベルの大会で2部落ちなんてことはあるまいが…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲2020年7月17日 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲  保健省による16日晩発表で、新型コロナウイルスの感染者数が200万人を超えた。1日の感染者数は4万5403人(計201万2151人)、死亡者数は1322人(計7万6688人)となり、依然として米国についで世界2位だ。現在に至るまでの2カ月間、正式な保健大臣は任命されず […]
  • 東西南北2019年7月18日 東西南北  15日早朝、サンパウロ市西部のパルメイラス・バーラ・フンダ駅で、8歳の男の子と13歳の女の子(兄弟)が、38口径の銃を持って歩いているのが見つかり、警備員に保護されるという事件が起こった。2人は「両親が酔って口論となり、父親が銃床で母親を殴り始めたから」、父の手から銃を取り上 […]
  • 東西南北2019年2月26日 東西南北  23日からサンパウロ市でカーニバルのブロッコによるパレードがはじまり、いよいよカーニバルの季節到来となってきている。開催場所は各地でまちまちだが、23日の南部イビラプエラで行われたものにはベテラン歌手のアルセウ・ヴァレンサ、24日に北部アニェンビで行われたものには、ここ最近の […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 東西南北2018年6月15日 東西南北  サッカーのW杯が14日に開幕。開会式後は早速、オープニング・ゲームのロシア対サウジアラビアが行われ、ロシアが5―0で快勝。開催国の意地を見せた。この試合に、ブラジル人選手のマリオ・フェルナンデスがロシアの右サイドで先発し、最後までグラウンドで雄姿を見せた。サンパウロ州サンカエ […]