ホーム | 日系社会ニュース | 池坊伯支部が新春初生け=約270人が花愛でる
関係者が揃って乾杯
関係者が揃って乾杯

池坊伯支部が新春初生け=約270人が花愛でる

 華道家元池坊華道会ブラジル支部(河村徳子支部長)が9、10の両日、聖市のレストラン・新鳥で『新春初生け』を行った。
 会場には新春らしい晴れやかな40作品が並び、2日間で延べ約270人が来場した。河村支部長は多くの来場者を迎えられたことに喜びと感謝を述べ、「今年は初心に帰って池坊の精神を一層追求し、日本文化の普及に励みたいです」と抱負を語った。
 初日夜に行われた開式セレモニーには、ブラジルいけ花協会のエリソン・トンプソン・デ・リマ会長、野村アウレリオ聖市議、在聖日本国総領事館の中山雄亮副領事、国際交流基金サンパウロ日本文化センターの深沢陽所長、元文協会長の上原幸啓氏らが出席。
 挨拶に立った中山副領事は「今年は日伯外交開始120周年、領事館開設100周年と大事な年。その始まりをこうした素晴らしい花展で始められた事を光栄に思います」と述べ、同支部の日本文化普及に対する貢献に感謝した。
 来賓挨拶の後は、池坊の篠又幸市郎名誉顧問による乾杯の発声で和やかに会食が行われた。今年で新春初生け4回目の出品という桜井喜美枝エリーザさん(72、二世)は、「新年らしい元気で朗らかな作品ができました」と笑顔で語った。
 友人の誘いで初めて生け花を見に来たというジュリアナ・ベッキさん(56)は、「シンプルで美しいものを作ることは難しい。日本文化の奥深さを感じる」と感心した様子で作品を鑑賞していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 援協=先細りの地区委員に危機感=昨年だけで1割減、4503人に2019年11月1日 援協=先細りの地区委員に危機感=昨年だけで1割減、4503人に  サンパウロ日伯援護協会(与儀上原昭雄会長)は「第42回地区組織委員総会」を22日、聖市の援協本部ビルで行った。各地の地区委員19人と役員ら約50人が出席。年会費は100レアルで据え置くことが決まり、園田明憲委員長から会員の減少が課題として挙がった。  10月19日時点で個人 […]