ホーム | コラム | 樹海 | 今年はゆがみを正す年に

今年はゆがみを正す年に

 「原油価格が世界的に大幅下落をする中、唯一ガソリンが上がっている」そう経済評論家は伯国を卑下する。財政政策のゆがみを正すべく、レヴィ財相が燃料増税を発表したからだ▼当地経済の要はペトロブラス(石油公社、PB)。インフレを抑えるために、PBは高い石油を輸入して安く売る不当な経済活動をここ数年続けさせられ、財務体質を悪化させてきた▼ジウマ政権はインフレを目標範囲に収め、経済収支を良く見せるために「ペダラーダ」(サッカーのフェイント)と呼ばれる複雑な会計操作を行い、この種のゆがみを広げてきた▼19日午後2時頃、聖州など10州と連邦直轄区を停電が襲った。原因は諸説あるが、記録的な猛暑により消費電力ピークが発電量を超えて配電システムが不安定化し、送電設備に一部故障が発生、全伯一挙停電を避けるために電力会社が一部配電を緊急停止したらしい。ここにもエネルギー政策のゆがみが出ている▼金融危機以後、経済指標を良く見せるためにIPI(工業税)減税を続け、クーラーなど家電を売りまくってきたが、電力供給能力は停滞したままで、そのゆがみが大停電となって現れた構図だ▼発電設備を増やすべく、現政権はPAC(経済成長促進政策)で巨額投資をしてきたが、受注企業の多くがPB汚職疑惑で逮捕された。ここでも政治家が同公社を食いものにしてきたゆがんだ構図がある▼左派政権の特徴は、全ての問題を政治的に解決しようとする独裁的な権力志向だ。良い意味で発揮されれば力強いが、悪い意味だと歪みになる。「歪み」は「正しからず」を一字に収めた漢字。今年は「正す」年になって欲しい。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今、ブラジルで何が?=ストの大混乱と汚職捜査=だからこそ若者よ頑張れ!=聖市在住 田中禮三(5月26日記)2018年5月31日 今、ブラジルで何が?=ストの大混乱と汚職捜査=だからこそ若者よ頑張れ!=聖市在住 田中禮三(5月26日記)  サッカーワールドカップ開幕まで1カ月を切り、サッカー熱気が日に日に増すこの時期に、誰も想像しなかった緊急事態がブラジルで発生している。事の発端は、21日から始まったディーゼル油の価格高騰に業を煮やしたトラック運転手によるサボタージュ(スト)だ。幹線道路をトラックで塞ぐ […]
  • 伯国の景気後退は予想以上2016年4月7日 伯国の景気後退は予想以上  国際通貨基金(IFM)のラガルド専務理事が5日、フランクフルトで「世界経済の見通しは一段と悪化した」との見解を表明、新興国は全般に経済活動が弱体化しているが、伯国の景気後退(経済減速化)は予想以上だとも述べた▼同氏によれば、インドは依然として強い成長を示しているが、伯国とロシ […]
  • ミスと汚職で苦しむPB2016年1月14日 ミスと汚職で苦しむPB  原油の国際価格が1バレル30ドルまで落ち込んだ事と、15~19年の投資の320億ドル削減を受け、ペトロブラス(PB)の株価が9%下落、04年以来の低価格となった▼PBは14年からのラヴァ・ジャット作戦による汚職摘発やその後の事業停滞などで、石油関連の企業では世界一の負債を抱え […]
  • 《ブラジル》石油公社ペトロブラス=今年の第1四半期は約70億レアルの黒字=「業績回復を進める」と総裁2018年5月10日 《ブラジル》石油公社ペトロブラス=今年の第1四半期は約70億レアルの黒字=「業績回復を進める」と総裁  原油の国際価格が高騰していることで、伯国の石油公社ペトロブラス社の業績が上がっており、今年第1四半期の決算は昨年同期比56・4%増となる69億6千万レの黒字を計上したと、9日付現地各紙が報じた。  これは、四半期決算の結果としては、76億9千万レアルの黒字を計上した […]
  • 2015年経済統計調査=全ての州で落ち込みを記録=石油頼みのリオ州の落ち込み激しく2017年11月18日 2015年経済統計調査=全ての州で落ち込みを記録=石油頼みのリオ州の落ち込み激しく  ブラジル地理統計院(IBGE)の調べにより、2015年に起きた石油の国際価格下落により、同年のリオ州は、ブラジル国内総生産(GDP)に占める州別GDPの割合を最も大きく下げた事が分かった。  リオ州は2014年、州別経済規模でブラジル国内の11・6%を占めていたが、15年に […]