ホーム | 日系社会ニュース | 絵手紙友の会から多数受賞=筆の里の絵てがみ大賞で
賞状を手に写真に納まる受賞者ら
賞状を手に写真に納まる受賞者ら

絵手紙友の会から多数受賞=筆の里の絵てがみ大賞で

 〃筆の都〃として知られる広島県安芸郡熊野町で、昨年5月に行われたコンテスト『第18回筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞』(応募総数2352通)に入選した、サンパウロ絵手紙友の会(石井恵子会長)の生徒らが受賞報告に訪れた。
 昨年に続き奨励賞を受賞した西藤啓子さん(71、東京)は、「この成績を糧に次もがんばろうという気持ちになる」。入選の村上佳和さん(73、広島)は、「もう一つ上の奨励賞を目指していたが、仲間に負けて悔しいね」と笑顔で振り返った。妻のことじさん(70、同)も奨励賞受賞に、「地元の誇る賞に選ばれてうれしい」と喜びを見せた。
 タボン・ダ・セーラで日語校教師を務める大野宏江さん(68、京都)は、3年連続で佳作に選ばれた。「ありがとうの気持ちを込めた。おもてなしの心をブラジルから届けられたかな」と遠慮がちに語り、「これで今年も生徒に胸を張って報告できる」と喜んだ。
 子どもの部では、サウーデ文協日本語学校(藤田美恵校長)に通うマイオキ・ベアトリス・アユミさん(14、四世)が入選に。「得意な花の絵を書いた。結果を聞いて驚いた」と喜んだ。ほか山田ジュリアなみさん(10)が佳作、高木フェリペきよしさん(12)が奨励賞を獲得した。
 年少者の活躍に石井会長と山本郁子講師は、「子どもの部に初挑戦したが、3人の作品が選ばれて嬉しい。これからも応募数を増やし、皆さんに自由な発想を絵手紙で表現してもらいたい」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■本紙地方外務員 摺木(すりき)康男さん2017年2月23日 ■訃報■本紙地方外務員 摺木(すりき)康男さん  パラナ州トレード日本人会長を2期務めた後、日伯毎日新聞からニッケイ新聞まで34年にわたって外務担当などを務めてきた摺木(すりき)康男さんが、16日午後6時、肺癌のためレカント・サンカミロ病院で亡くなった。享年83。  1933年に鹿児島県南九州市頴娃町牧之内で生まれた摺木さ […]
  • タボン学園から2年連続優勝者=弁論大会、本田稔さんに戴冠=当地学習者、帰伯子弟に負けず2015年9月29日 タボン学園から2年連続優勝者=弁論大会、本田稔さんに戴冠=当地学習者、帰伯子弟に負けず  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)とブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)は20日、聖市のブラジル広島文化センターで『第36回スピーチコンテスト』『第9回弁論大会』を開催した。弁論大会はタボン学園(聖州タボン・ダ・セーラ市)の本田稔さんが1位となり、副賞の日本往 […]
  • ■訃報■建築家の津野公俊さん2016年1月8日 ■訃報■建築家の津野公俊さん  建築家の津野公俊さんが昨年12月5日交通事故により自宅近くで亡くなっていた。享年82。 津野さんはタボン・ダ・セーラ市ピランジュサラ出身で、祖父はカンポリンポ日本人会の会長を務めた人物。自身も建築会社を経営する傍ら、過去にはその後継団体のクルベ・ピランジュイサラで会長を務めた […]
  • 金閣寺をバックに、円光寺のルイスさんと大畑住職2015年4月7日 金閣寺売却の可能性浮上?=所有者は売却の意向否定=「知らない人の手に渡れば…」=円光寺の僧侶ら懸念示す  約40年前に建立され、日系家族の共同墓地となっている聖州イタペセリカ・ダ・セーラ市の金閣寺が、数年前に霊園の運営や葬儀を行うメモリアル社の手に渡って以来、管理が行き届かず、売却の話まで持ち上がっているという。同寺に隣接する円光寺の僧侶ルイス・カルロス・ルジロさん(47)に […]
  • セーラ・ペラーダ再開発へ=日本企業が金採掘に挑戦2015年9月18日 セーラ・ペラーダ再開発へ=日本企業が金採掘に挑戦  パラー州南東部に位置し、1980年代に栄えたブラジル最大の露天掘り金鉱「セーラ・ペラーダ」で、3人の日本人投資家が再開発に乗り出そうとしている。 先月30日付けフォーリャ紙が報じた所によると、投資家らは、州政府と共に採掘場の権利を握るガリンペイロ協同組合(Coomigasp) […]