樹海

 昨年末から年初にかけて、約1カ月の休暇をとった。年に1度、思う存分羽を伸ばせるのがブラジルの良さだ。いや、むしろそれが世界の標準かもしれないが▼今年は、バイーア州都サルバドールを訪ねた。海が望めるホテルに泊まり、歴史地区ペロウリーニョを周遊し、リオ・ベルメーリョ区で旨いと評判のムケッカと作りたてのアカラジェを賞味し、舌福(ぜっぷく)を味わった。町の美化という面では聖市以下かと危ぶんでいたが、地元住民が利用するゴミためと化した海岸部を除いては、道路の整備や掃除が行き届いていて、むしろ快適だった▼「くれぐれも気をつけて」と同地出身の伯人や旅行社から言われた治安は、観光最盛期だったせいか、要所要所で警察が目を光らせており、スリに遭うこともなければ、浮浪者にたかられることもなかった。主要な収入源である観光業を維持すべく、行政も力を入れているのだろう▼治安を体感するのも旅行のうち―と言えるだろうが、昨年、警察官がストを起こして殺人件数が急増したというニュースはまだ記憶に新しい。何事もなく無事に帰聖できたことが、まずはありがたい▼市民生活が全国どこでもさして変わらない日本と違い、当地では観光地と一般市民の生活環境に大きな隔たりがあるようだ。観光客に人気のプライア・ド・フォルテなどは、ビーチも最寄りの集落も整然としていて〃人工の楽園〃のよう▼庶民の生活や文化を体験するのが旅行の醍醐味であり、人工の装いばかりでは少々趣に欠ける―。とは言え貧民地区に足を踏み入れるのは怖い。人跡未踏の地を冒険したとか、インディオの部落を自力で訪れたとか、そんな移民の武勇伝が少しうらやましくなった。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか2019年11月15日 ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか  10日に起こったエヴォ・モラレス氏を大統領辞任に追い込んだ、ボリビアのただならぬ異様な雰囲気に包まれたプロテストに、コラム子は戦慄を覚えた。ものすごく怖い思いをした▼今回のプロテストは、当初はエヴォ氏に不利なように思えた。それは同氏が、同国の定める憲法の改憲に失敗した […]
  • 良い知らせを伝える者の足は2019年11月14日 良い知らせを伝える者の足は  4日付の伯字サイトで「良い知らせだけ」というサイト(http://www.sonoticiaboa.com.br/)に関する記事を読んだ。ジャーナリスト歴30年で、殺人や汚職などの悪い知らせばかり報じる内に胃を患い、良い知らせだけ流そうと決めた男性の話だ▼「肉体的な問題ではな […]
  • ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?2019年11月12日 ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?  ブラジル最高裁が7日、「2審有罪で刑執行」派が5対6で「刑執行反対」派に負けた。これを受けてルーラ元大統領が釈放され、世間がざわついている。ムリもない。ところが、グローボTV局はあえて大騒ぎせず、「なにか裏にあるのでは?」とかえって不気味な雰囲気を醸し出している。 […]
  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]