ホーム | コラム | 樹海 | ブラジルの人種差別、実際のところ

ブラジルの人種差別、実際のところ

タイース・アラウージョ(右、Pedro Moraes/GOVBA)

タイース・アラウージョ(右、Pedro Moraes/GOVBA)

 先日20日、サンパウロ市をはじめ、一部自治体では「黒人の意識高揚の日」ということで祝日だった。毎年この日に、黒人に対する差別問題について深く考えることを促すのを主な目的としたもので、マスコミもこの日に向けて問題提起を投げかけている▼だが、マスコミが問題を投げかける以前に、今年の場合はひとつの悶着があった。黒人女優タイース・アラウージョが8月に行なった講演会での発言が、14日にネット上で知られて問題となったためだ▼タイースはこの席上で、6歳の長男の子育てについて語った際、「息子は6歳なのに、サッカー教室に行くのにたまたま上半身裸で歩いていたら、道行く人が反対側の歩道を歩き、カバンを盗まれないように身構えられてしまった」と語ったのだ▼この発言がネット炎上を招いてしまった。「タイースは話を大げさにして真実を伝えていない」「自分たちは被害者という発言で、周囲の人からの同情を狙っている」「いくらなんでも、6歳の子どもに対してはそんなことはありえない」などの反論が起こったのだ▼ブラジルの場合、こと「人種差別」の問題を尋ねた際、全く異なる答がかえってくる傾向はかねてからある。人によっては「これほど人種差別をする国はない」といい、そうかと思えば別の人は「他の国に比べれば少ない方だ」という▼ブラジルに暮らすアジア系として客観的に言わさせえもらうならば、国際的な基準で見れば「後者」が近いと言わざるをえない。ブラジルは人口の55%が黒人か褐色系で、憲法でも人種差別が禁止されている。日常生活でアメリカで起こったような白人至上主義者の行進などはないし、日本や韓国や中国の一部で行われ国際問題にもなっているような、相手に対しての配慮にあまりに欠けるヘイト・スピーチのような文面をネットなどから目にすることもない▼つい最近も、グローボ局の有名キャスターが、収録当時放送されなかった中継現場での録画の中で「どうせ黒人がやっていることだから」と語った映像が漏れた際も人種差別的発言だと大騒ぎとなり、軽い気持ちで放送外で言ったつもりのキャスターに同情論はほとんど起きなかったほどだ▼ただ、ブラジルの場合、いわゆる「プレコンセイト(偏見)」は他の国より少なく見えても「デスイグアウダーデ(不公平)」の問題が依然として大きいのは否定できない事実だ。「サンパウロ市の街中での差別犯罪では加害者の6割が白人男性(この場合、人種差別よりは同性愛者差別の方が目立つが)」「国の失業者の6割は黒人」「黒人の大学の進学率は白人よりも27%低い」「失業者の7割は黒人」などの報道は実際に耳に飛び込んで来る▼アジア人の自分自身も含んで考えて、ブラジルを生きていく上で言葉や暴力で直接傷をつけられるケースは諸外国ほどではない。だが、差別心はなくとも、不公正が看過されることがジワリと社会を蝕み、気がつけば致命傷に…、ということは起こりえる話だ。そうならないようにするのが、この国の課題だろう。(陽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • エドアルドよ、グローバル時代の演歌をうなれ2018年12月4日 エドアルドよ、グローバル時代の演歌をうなれ  「日本で活躍するブラジル人」という言葉は、死語に近いと思っていた。日産のカルロス・ゴーンはブラジル人としては別格的な存在だったが、先日逮捕された。とはいえ、普通の日本の日本人にとっては、「フランス人」の印象の方が強かったのではないか。  かつて20人近くのコロニア力 […]
  • 「マイノリティはついて来い」の限界2018年12月7日 「マイノリティはついて来い」の限界  12月2日、サッカーの全国選手権で優勝したパルメイラスの最終戦で、現在の伯国を象徴する出来事が起こった。この日は同チームのファンを公言するジャイール・ボウソナロ次期大統領がチームの経営陣に招待された。同氏は、試合後にグラウンドに降り、優勝の記念写真に収まるは、優勝杯を […]
  • 独立200周年記念の記念モニュメント建設を2018年9月11日 独立200周年記念の記念モニュメント建設を  暴力を扇動する発言を多発するボウソナロ大統領候補が、暴力によって口を封じられる姿に、自然界の摂理を感じるのは、コラム子ばかりではないだろう。選挙戦が始まって2週間経つ。国民の大半にとって、理想的な候補がいないなかで、消去法で誰に投票するかを選ぶしかない選挙のようだ。そ […]
  • 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか2018年10月30日 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか  今年、リベルダーデで一番賑やかだった街頭の打ち上げ花火は、サッカーW杯ではなく、ジャイール・ボウソナロの当選だった。  半年前、支持率トップでありながらも、大半の国民からは「どうせ本命ではない」と期待を込めて思われていた人物が、最後までトップを保った。  本人もグ […]