ホーム | 日系社会ニュース | 120周年第4回会合=大統領訪日と皇室ご来伯実現へ=日本館改修も記念事業に=練習艦隊数カ所に寄港か=リオも独自に事業進める

120周年第4回会合=大統領訪日と皇室ご来伯実現へ=日本館改修も記念事業に=練習艦隊数カ所に寄港か=リオも独自に事業進める

 日伯外交関係樹立120周年記念事業ブラジル実行委員会(梅田邦夫委員長=駐伯日本国大使)は2日、在聖総領事館で第4回会合を行なった。構成員の日系5団体ら約20人が出席した。会議後に梅田大使、福嶌教輝在聖総領事、山元毅(つよし)在リオ総領事が会見し、目玉企画の花火大会と展示会開催の進捗状況を伝えた。また記念事業の一つに、日本館の改修工事も含まれることが決定した。

 福嶌総領事によれば、今月のサンパウロ市サンバカーニバルに参加するために服飾デザイナーのコシノ・ジュンコさんが来伯し、その後に花火大会の打ち合わせや候補地を視察するという。下旬に詳細を詰めるといい、「9月開催の方向は変わらないが、場所や規模は未定。コシノさんの演出の仕方次第で決まる部分もある」と補足した。
 ウジミナス、セラード開発などの日伯共同事業展示会は今月27、28日、ミナス・ジェライス州都ベロ・オリゾンテで行なわれる日本祭りが皮切りとなり、ベレン、ブラジリア、サンパウロ(県連日本祭り)、リオ、マリンガ、クリチーバの7カ所を巡回する。サルバドール、レシフェ、ポルト・アレグレ、麻州、南麻州でも開催したい意向だ。
 今回新たにイビラプエラ公園内の日本館改修が記念事業に加わることに決まった。以前から木多喜八郎・文協会長が福嶌総領事に要請しており、今会議で正式に承認された。これまで自費で改修を請け負ってきた中島工務店(本社・岐阜)が5月に行なう作業に、約800万円を充てる。梅田大使は「コロニアにとって非常に重要な文化財」と強調し、全会一致で賛同を得たと報告した。
 これら3事業の予算総額は200万レ。花火大会のみで165万ほど計上している。ルアネー法などを通じ、約45社から140~150万レの寄付が内定している。
 リオ総領事館では独自の記念事業を進めている。山元総領事は「女性指揮者の第一人者である西本智実さんを招き、日伯友好音楽祭を7月末に市立劇場で、またリオ植物園内の日本庭園(清苑)の改修・整備を行なう」と明かした。13万レ強の経費が寄付などにより集められている。
 その他、親善大使の要請や移民百周年マスコット「チカラ」「ケイカ」の使用手続きを進めており、海上自衛隊練習艦隊は国内3、4カ所に寄港する方向で調整中。梅田大使は「ジウマ大統領の訪日と、皇室のご来伯もぜひ実現させたい」と話し、要人往来に意欲を見せた。


120周年ロゴ作成者=「日本文化に誇りもつ」

ロゴを背にしたブルーノ・ヒトシさん

ロゴを背にしたブルーノ・ヒトシさん

 外交120周年委員会の会議後には、応募数80の中からロゴマーク最優秀作品に選ばれたブルーノ・ヒトシ・テルヤさん(27、三世)=グアルーリョス在住=が表彰された。06年末と07年末に数カ月間、日本でアルバイトした折、広島の平和記念公園を訪れた。そこで折鶴が平和の象徴であることを知り、そこから発想をえた。応募理由を「日系人として日本文化に誇りを持っているから」と説明し、120周年の成功を祈念した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]
  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]