ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ジウマ大統領の支持率が急速に下がる昨今。その大きな要因にもなっているラヴァ・ジャット作戦も現在捜査が進行中で、その展開次第ではジウマ氏の支持率がさらに下がる可能性さえある。そんな矢先、メンサロン事件の主犯として実刑判決を受けた、元ルーラ政権の官房長官ジョゼ・ジルセウ氏が経営する企業には、2006~13年の8年間で、合計2930万レアルの入金があったとの報道があった。とりわけ、同氏がメンサロンで裁かれた年の入金額は700万レアルにも及んだという。ジルセウ氏本人は「合法収入だ」と主張しているが、果たしてこれは、ジウマ大統領の足をさらに引っ張ることになるのか、否か。
     ◎
 16日からグローボ局の9時のノヴェーラ「バビロニア」がはじまったが、初回放送でブラジルを代表する大女優フェルナンダ・モンテネグロが、同じく大ベテランのナタリア・チンベルグと同性愛キスをするシーンを披露し、大きな話題を呼んだ。誰がやっても注目はされる行為だが、これを行ったのが、共に85歳の女性という点で衝撃的で、世界の映画や演劇の世界でも同様の例はほとんど聞いたことがない。ブラジル唯一のオスカー・ノミネート女優、フェルナンダの新たな挑戦か。
     ◎
 17日開催のサッカーのリベルタドーレス杯のグループ・リーグで、コリンチャンスは敵地ウルグアイでのダヌービオ戦を2―1で制した。コリンチャンスはこれで同リーグ負けなしの3連勝となり、決勝トーナメント進出に向け、大きく前進した。3年ぶりの同杯制覇に向け、このムードを維持したいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]
  • 東西南北2016年8月16日 東西南北  自国が五輪期間中も、サッカーの全国選手権は休まず開催される。今回の五輪代表は23歳以下の若い選手が多いため、本来なら国内のチームに影響が及ぶはずなのだが、15日現在の上位4チームは、ガブリエル・ジェズスのパルメイラス、ガビゴルやゼッカのサントス、ルアンやウォレスのグレミオ、ダ […]
  • 東西南北2016年4月13日 東西南北  11日の下院の特別委員会が、下院でのジウマ大統領の罷免審議継続を承認し、17日に運命の投票が行われることも決定的となった。本会議での審議は15日からはじまるが、その前からもジウマ氏は苦難続きだ。アンドラーデ・グチエレス社の元社長が先週、10年と14年のジウマ氏の大統領選への献 […]
  • 日本でこっそりルーラ批判をするムヒカ2016年4月13日 日本でこっそりルーラ批判をするムヒカ  日本で大人気のホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領(ドン・ペペ)の思想には、南米の2大国に挟まれた小国という地政学的な条件が深く影響を与えている気がする。その要素もまた日本人から共感を得やすい部分かもしれない▼ウ国は元々アルゼンチンの一部「東方州」だったが、1820年にポルトガル軍 […]
  • 逆風下で現政権を擁護する大御所音楽家=「闘争の同志」のイメージ捨てられず2016年3月22日 逆風下で現政権を擁護する大御所音楽家=「闘争の同志」のイメージ捨てられず  ブラジルは現在、ルーラ前大統領(労働者党・PT)の官房長官就任という、想定をはるかに超えた「逮捕逃れ」の方法に呆れた国民らが、これまでにないほどの反政府的な怒りの中にある。 だが、ブラジル音楽界の重鎮の中には、この動きに反旗を翻す動きが見られている。 調査機関ダッタフォーリャ […]