ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 エチオピア航空では3千レ(約11万5千円)ちょっとで日伯間を移動できると1日付けで紹介した。時期を同じくして中東経由のエティハド航空も、期間限定でお値打ちな航空券を取り扱っているようだ。同社サイトで検索したところ、例えば成田行きの4月27日発、5月11日着だと2751・69レ(約10万5千円)だった。前後の日程で売り切れもあるようなので、訪日予定のある方はお早めに。
     ◎
 日本航空(JAL)も3月25日から、TAM航空とコードシェア(共同運航)を開始している。リリースによれば国際線はニューヨーク経由でサンパウロ市、リオを結ぶ2路線とロンドン、パリ、フランクフルト経由でサンパウロ市着の3路線。ブラジル内線も2都市から13都市に拡大するという。また全日空(ANA)の持ち株会社ANAホールディングスの片野坂真哉社長(今月から就任)は朝日新聞の取材に、南米路線を開設する考えを明らかにしている。日本の航空会社にも、ブラジルで存在感を見せてほしいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ