ホーム | コラム | オーリャ! | オーリャ!

オーリャ!

 この国は空っぽ―? 昨年6月、ブラジルW杯での個人的な感想だ。群集でごった返すサンパウロ市ヴィラ・マダレーナで開幕戦を観たのだが、実は彼らがサッカーにあまり詳しくないと知って驚いた。
 「主将は誰?」という質問をあえてブラジル人に問うと、知らない者や的外れな答えが想像以上に返ってきた。「これだけ熱狂的なのに、実は知識量は多くない」と強烈に印象に残っている。
 そしてこの頃、2度の反政府デモが起きた。現場に居合わせた日系人に言わせれば、「大通りの脇に入ればフェスタ同然だった」らしく、また今回もW杯と同じか―と心配になった。
 大規模デモを重ねても中身が伴わないと効果は薄い。となれば期待するのは強烈な劇薬か。セレソンはW杯準決勝の歴史的大敗(ドイツ戦、1―7)で目覚めた。一般国民はペトロロンを1対何点の劇薬と受けてとめているのだろう? (祐)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 《ブラジル》サッカー代表の日当が男女同額に=世界の女子選手が大喜び2020年9月5日 《ブラジル》サッカー代表の日当が男女同額に=世界の女子選手が大喜び  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は2日、代表(セレソン)選手に対する日当とゲームでの賞金(褒賞)を男女同額にすると発表した。3日付現地紙が報じている。  CBFのロジェリオ・カボクロ会長が2日の会見で明らかにした。それによると、CBFではすでに3月から、代表選手に対する日当 […]
  • 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に2020年9月3日 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に  コリンチャンスのホームスタジアム、通称「イタケロン」が、2040年までの20年間「ネオ・キミカ・アレーナ」と呼ばれる事になった。サンパウロ市東部にあり、2014年W杯の開会式と開幕戦にも使われた。  コリンチャンスは1日に創立110周年を迎えたサッカーの名門チーム。 […]
  • 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程2020年7月22日 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程  サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯が9月15日から再開されることが20日、正式発表された。21日付現地サイトが報じている。  今年のリベルタドーレス杯は、3月のグループ・リーグ中に新型コロナウイルスの感染爆発が起きて、各チームが第2節を終えた3月12日を最後 […]