ホーム | 文芸 | 連載小説 | パナマを越えて=本間剛夫 | パナマを越えて=本間剛夫=72

パナマを越えて=本間剛夫=72

 あの時、気づいてさえいたら洞窟でのアンナの挑みを強く拒絶していたのだ。サンパウロの銀行支店長秘書と米軍航空将校……戦場……。それがどう一人であると誰もが結びつけることが出来よう。エリカを許してくれ! 私は心の中で許しを求めた。
「お前が入れ。司令部へ行くのだと説明するんだ」
 下士官が格子の自在鍵を外した。私は格子扉を潜って二人の前に立った。
「シュサック! エリカ、シュサックよ」
 アンナが叫んだ。
 エリカが眼帯をした顔を私に向けた。唇が震えているのがはっきり分った。〈シュサック〉これはサンパウロで私を呼ぶときのエリカのポルトガル語のアクセントだった。〈アンナは洞窟の中でのことを、エリカに話してしまっている!〉羞恥と強い後悔でエリカを正視できないでいた。
 アンナはすぐに顔をそむけたが、エリカの顔は私に向けられていた。私は声が出なかった。
「おい、兵長、早くしろ」
 背後で下士官がいった。
「……エリカ……こんな所で会うなんて……。でも会えてよかったよ。嬉しいよ……。これから司令部へ案内する。さあ、二人とも立ってくれ」
 二人は立ち上がった。
「十一月五日、アバィアン島の降服文書調印が決まったよ。君たちは無事母国に帰れる。それに……明日から君たちは日本軍将校の英語の先生だ」
 生命の危険さえ感じていたに違いない二人の顔に仄かに紅が刺したように見えた。日本を憧れ育った父の国日本の、彼女らと同じ血をもった将校の野望を拒み続けた怒りと疲労が胸の底に重く淀んでいるはずだ。
「さあ、歩けるかい?」
 私の差し出した手をエリカは強く握った。四年前、私たちはサンパウロの高級住宅街のブエノス・アイレス公園の街路樹の蔭で、このように手をとり合ったものだ。エリカは今、それを思い出しているだろう……。
 私はエリカの体を支えて扉を潜り抜けた。あとからアンナが続いた。道に出たときアンナが代わってエリカの腕を支えた。下士官の前で敵に対する過度の親密さを示すのは危険だった。濠を進みながらエリカが一言も口を聞かないのは好都合だったが、私の心を重くもした。〈エリカは許さないだろう。アンナとの交わりは愛を伴輪ない行為だったのだと弁解したところで……〉
 二人がこの島を去る日、その瞬間、私とエリカは永遠の離別になるのだろうか。深い悲哀が胸を締めつけた。
「これから、何があるの……」
 アンナがいった。
「心配することないよ。降服文書調印の日まで将校たちに英会話を教えることになっているから、多分そのことで話があるのだろう」
「プリーズ、プリーズ」
 歩みの遅い女たちに、もっと急げと下士官が促した。

         2

 庶務室に着くと下士官はふて腐れたようにどっかと椅子に腰をおろし、奥の方へ眼を向けて顎をしゃくった。
「もう、俺なんかの出る幕じゃねえ……」
 私に二人を副官室へ連れて行けというのだ。
 私が姉妹と彼の理解できない言葉で会話を交わしているのが癇に触ったらしかった。私は少し躇いながら、下士官を無視するよりほかはないと思い「では」と断って奥へ進んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13)2020年9月26日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13) ⑤娯楽を求める心理、団体組織化  1922年にはブラジル独立百周年記念日を祝福して日本帝国海軍の練習艦が初訪問し、サントス港に海国日本の偉容を示した。長い間日本に触れたことなかった移民の中には、隊員たちの腕にしがみついて感涙するものがあったという。  翌1923年に […]
  • 《ブラジル》マナウスで集団免疫が出来た?=献血者の血液分析から推定2020年9月25日 《ブラジル》マナウスで集団免疫が出来た?=献血者の血液分析から推定  ブラジル北部アマゾナス州マナウス市で行われた調査で、同市では既に新型コロナウイルスに対する集団免疫が出来ている可能性がある事を示唆する結果が出た。  注目の調査結果は21日にオンライン上で発表されたが、専門家などによる検証を受ける必要があり、科学雑誌にはまだ掲載され […]
  • 東西南北2020年9月25日 東西南北  ダッタフォーリャが24日に発表したサンパウロ市市長選の世論調査によると、セウソ・ルッソマノ氏が29%でトップに立った。同氏は2012年、16年の市長選でもキャンペーン直前までトップで、そのときはいずれも31%あったという。だが、その両年共、同氏は3位に終わっている。現職のブル […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(12)2020年9月25日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(12)  もう一つの新聞は伯剌西爾時報で、これは海外興業の出資でまかなわれ、黒石清作社長は同社より移民の教育係の名を頂戴(中略)両紙とも移植民新聞ではなく、移植民支配階級の対移民御要達(編註ママ、「用達」のこと)告示であり、移民蔑視の臭気がただよった紙面であった。都会から来たも […]
  • 《サンパウロ州》地下鉄と都電の客が倍に=感染注意喚起しつつ経済稼動へ2020年9月24日 《サンパウロ州》地下鉄と都電の客が倍に=感染注意喚起しつつ経済稼動へ  サンパウロ市の地下鉄と都電(CPTM)の利用客が増え、8月は4月のほぼ倍になった。サンパウロ市と近郊の住民で鉄道輸送を利用した人は、4600万人から9千万人に増えた。  4月は新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するための外出自粛が継続され、鉄道輸送の利用者も少なかっ […]