ホーム | 日系社会ニュース | キリン一番搾り発売1周年=日伯120周年の記念ラベルも
一番搾りを手にする芦田取締役、ドメニコ社長、藤田伸朗副社長
一番搾りを手にする芦田取締役、ドメニコ社長、藤田伸朗副社長

キリン一番搾り発売1周年=日伯120周年の記念ラベルも

 ブラジルキリン(ジーノ・ディ・ドメニコ社長)が5日、サンパウロ市内レストラン新鳥でキリン一番搾りの「外交樹立120周年」を記念したデザインラベルの発売、及びブラジルでの製造・販売1周年の記念パーティーを行った。関係者ら91人が出席した。
 両国の国旗と野球、サッカーなどの文化をモチーフとした記念ラベルは在聖総領事館から120周年事業の一環として認定を受け、現在流通している同商品すべてに貼付されている。
 サンパウロ州イトゥー市の製造工場1箇所のみで製造する同商品は、ブラジルビール市場で主導権を握る「味の薄いビール」とは一線を画す「濃く贅沢なビール」だ。355ミリリットル瓶での販売で、「プレミアムビール」と呼ばれる価格帯に属する。
 スーパーや一般の飲食店では中々見かけない同商品だが、現在はサンパウロ市内の日本食レストランを中心に販売しているという。本紙の取材に対し、芦田正和取締役は「詳しい販売本数などは公表していない」としながらも、「取り扱いのレストランも順調に増えてきている」と話す。
 気になる商品の味だが、日本で発売されている同商品と「全く同じ」だと強調する。ブラウマイスターと呼ばれるビール鑑定士の駐在員が毎月日本本社に戻り、味を再確認して品質の管理を徹底しているという。
 今後の販売の見通しとして「まずは飲食店での支持を獲得することが重要」と話す。「大瓶を数人で注ぎあう今のブラジルのスタイルから、1人1本のプレミアムビール、という形が定着しつつある。ハイネケンやバドワイザーといったロングネック(355ミリリットル)中心の商品に対抗していければ」と意気込み語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 福嶌総領事から農水大臣賞を受け取る小池シェフ2015年1月30日 総領事公邸で和食イベント=120周年記念事業の開幕=小池シェフに功労者表彰  在聖総領事館(福嶌教輝総領事)が27日にモルンビー区の総領事公邸で、サンパウロ市における日伯外交樹立120周年記念事業の正式なオープニングとなる和食イベントを開催した。文協和食普及委員会委員長を務めるレストラン「藍染」の小池信シェフが腕を振るい、メディア関係者、他国の外交 […]
  • 全列中央が安倍晋三首相、後列は左から風戸、アレックス、小池シェフ2014年8月9日 安倍首相=和食セミナー試食会に=文化交流に意欲見せる  安倍晋三首相は2日夕方、サンパウロ市のチボリホテルで開かれた「国際和食セミナー」に出席し、梅田邦夫在伯特命全権大使らと共に当地の食材で準備された和食に舌鼓を打った。 同セミナーは、まだ伯市場に流通していない日本の加工食品や、和食の紹介・普及等を目的に日本農水省が主催したも […]
  • 「ロリータ愛好家と交流を」と呼びかける松田さんと中村さん2015年5月29日 外交120周年=ロリータと共にお茶会を=ミミ・パーティ初開催  お洒落に着飾ってお茶とケーキを頂こう―。日本大衆文化から生まれたお姫様スタイル「ロリータ・ファッション」愛好家と共に楽しめるお茶会「第1回ミミパーティ」が、来月14日に島根県人会(Rua das Rosas, […]
  • 今月上旬にはサンタカタリーナを訪れ、ライムンド・コロンボ知事(左)と会談した(州政府提供)2015年7月16日 外交120周年=梅田大使、各知事と対談=リオでは月末に音楽祭  日伯外交関係樹立120周年記念事業ブラジル実行委員会(梅田邦夫委員長=駐伯大使)は8日午後、在聖総領事館で第7回会合を行ない、記念事業に関する状況を確認し、会議後に梅田大使らが取材に応じた。 花火祭り(9月12日、サンパウロ市インテルラゴス)はコシノ・ジュンコ氏演出のもと […]
  • 120周年=BEGINが緊急発表=セルタネージョ大物とコラボ=「涙そうそう」ポ語CDに2015年11月7日 120周年=BEGINが緊急発表=セルタネージョ大物とコラボ=「涙そうそう」ポ語CDに  沖縄出身で日本の人気三人組バンド『BEGIN』が当地の人気セルタネージョデュオ(二人組)『シットンジーニョ&ショロロ』と共演し、記念CDを発売することが、サンパウロ市内ホテルで4日に行なわれた記者会見で発表された。BEGINは7、8日に行われる「沖縄祭り」に出演するために、3 […]