ホーム | 日系社会ニュース | 北米報知=米国日系移民始まりの場所=ベインブリッジ島の日本村跡=1883年に製材所で労働

北米報知=米国日系移民始まりの場所=ベインブリッジ島の日本村跡=1883年に製材所で労働

1910年当時のヤマの様子(写真提供=ベインブリッジ島歴史博物館)

1910年当時のヤマの様子(写真提供=ベインブリッジ島歴史博物館)

 【北米報知4月30日付】19世紀後半から20世紀前半にベインブリッジ島の製材所に存在した日本村。ノースウエスト各所にあった製材所の中でも特に日本人労働者が早く入ったとされる同所の歴史が、あらためて解き明かされようとしている。

 ベインブリッジ島の南側のポートブレイクリー地区。米国最大規模の製材所があった同地には、「Yama(ヤマ)」と呼ばれた日本人居住地区があった。同地にあった製材所に日本人労働者が入ったのは1883年頃。勾配を利用したコミュニティーの高台は家族持ちの居住地区となる「ヤマ」、低地は長屋が建てられ労働者が暮らす「ナガヤ」と呼ばれた。
 約50棟、多い時で約300人が暮らした日本村だったという。イタリア、ポルトガル、ハワイなど各地から労働者が集まり、それぞれのコミュニティーを形成する中で、ホテル、食品店、洗濯屋、アイスクリーム屋、写真屋も建ち、古い写真には非日系人が訪れる姿もある。資料によると、仏教会、バプテスト教会も建てられた。
 ノースウエスト各地の製材所は、伊藤一男著『北米百年桜』でも大きく扱われるなど、1900年前後の日本人移民者の労働先の1つだった。各所では日本人居住地区が作られ、「日本村」としてコミュニティーが存在した。
 多くは地域開発などで解体され、100年前の形跡を残すものはなく、同じく日本人居住区があったマカティオの製材所跡地でも日系記念碑が建つばかりとなっている。ポートブレイクリー製材所は1920年代に同所を閉鎖。日系移民をはじめとする労働者は退去、ヤマは姿を消した。
 ベインブリッジ島公園局の所有地として現在は森林に覆われた跡地だが、ブレマートン市にあるオリンピックカレッジのロバート・ドゥロレット教授によると、ノースウエストで唯一現存する初期日系移民の居住跡地になるという。
 同教授らはベインブリッジ島歴史博物館、キットサップ郡歴史協会とも連携、日系移民史を考古学という視点から着手し、3年前からヤマに関する調査を進めている。昨夏にはカレッジ内プログラムとして学生とともに現場調査を行い、当時の建物跡や水道の配管、また当時の生活を伝える食器、ビール瓶、調理に使った数種類の貝殻などが発見された。
 ドゥロレット教授は、「150年続く日系史のなかで第二次世界大戦前後に大きな焦点があてられていますが、ここは歴史が始まった場所。米国経済を支えた移民のストーリーはまだ多くに知られていません」と語る。地元に残る歴史の一端を将来に伝えるべく、可能な限りの情報収集と史跡保存の重要性を強調する。
 今年も夏季特別講習で学生参加による調査が進められる。今後はベインブリッジ島をはじめ、各地に散らばる当時と縁のある日系人関係者からも情報を集める。
 同カレッジ内アートギャラリーでは当時のヤマを伝える写真や、現場発掘で発見された資料などを5月5日まで展示している。詳しくはwww.olympic.edu/events-calendar/archaeology-yama まで。(記事・写真 =佐々木志峰)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • アルゼンチンの外出禁止令=自宅待機は4月12日まで延期2020年4月7日 アルゼンチンの外出禁止令=自宅待機は4月12日まで延期  【らぷらた報知4月2日付】フェルナンデス大統領は知事とのビデオ会合後の記者会見で、自宅待機は4月12日、日曜日まで延ばす事を発表。  フェルナンデス大統領は、イースターが4月12日、日曜日に終了するまで、外出禁止の延長を発表し「経済はやり直しができるが、人命はそれが […]