ホーム | 文芸 | 連載小説 | パナマを越えて=本間剛夫 | パナマを越えて=本間剛夫=81

パナマを越えて=本間剛夫=81

 そのとき傍らにいた三十歳ほどの男がエスタニスラウに近づいて握手を交わしながら私に冷たい視線を投げた。エスタニスラウはその青年と旧知の仲なのだろうか。そのことを質そうとしたが、彼が同伴者の紹介を始めたので、それはあとに譲ることにした。青年は私には挨拶しようとせず、迎えの車に三人を乗せようとしたとき、エスタニスラウは私の手を握りながら、低い声で新橋駅近くのホテルの名を告げた。
 私は青年とエスタニスラウの態度に釈然としないまま、彼らのあとから車を走らせたがホテルに着いてみるとロビーに彼らの姿がない。受付で尋ねると、もうそれぞれの部屋に入ったという。いずれ夕食には出てくるだろうと私はロビーに腰をおろして新聞を読んでいた。三十分もすぎたとき、エスタニスラウがいつの間にか私の前に立っていて、今夜二人だけでゆっくり話したいから、どこか適当なところへ案内してくれという。
 その夜、知人の経営する東銀座の喫茶店でゆっくり話し合った。エスタニスラウの同行者二人のうち一人はゲバラ、一人はボリビアの労働運動家で彼らはジャングル戦用の特殊兵器の注文に来たのだという。ゲバラは写真で見ていた髭をすっかり剃りおとした美男になっていたが、私はすぐに見破った。
 カストロを扶けてキュウ―バの経済的独立を成功させたあと、どこかに姿を消したゲバラは次にボリビアかパラグアイを狙うだろうというのが南米通の外交筋の意見だった。ゲバラは三回訪日している。一回目は昭和三十一年(一九五六)七月ニ十二日でキューバ国立銀行総裁として、時の総理池田勇人と会い、日本・キューバ両国の貿易と文化交流について話し合った。
 ゲバラがキューバのカストロと別れてボリビアに入ったのは、それから十一年後の六十七年一月だった。その間、ゲバラはブラジル人として二回訪日している。その一回めが今度の訪日なのだ。目的は兵器製造でその名を知られる横浜相川製作所で軽機関銃の注文、二回めがその受領のための打ち合わせだった。
「じゃ、あの日本人は誰なんだ」
 私を無視したあの青年が気になっていたのだ。ところが以外な返事が返ってきた。「日本人じゃない。彼はコレアーノ(朝鮮人)です。ゲバラの側近にはシネース(中国人)もいるんです。驚いてはいけませんよ、ジャポネース(日本人)もいるんですから。センセイ、このことは絶対、極秘ですからね。センセイだから信じてお話しするんです」
 フランス語だ。
 私は以外なエスタニスラウの言葉に驚いたが、彼の人指し指を唇にあてて私の眼を見つめているのに応えて深く頷いて見せた。
 暫く会話がとだえたあと、エスタニスラウがなぜゲバラと行動するのかを訊ねようとしたが、止めた。あとでゆっくり話す機会があるだろう。何か深い事情があるにちがいない。
 気がつくと三、四人いた客が、いつの間にか一人も姿がなく、私たち二人だけで時計は十時を廻っていた。勤めがあるので明日休むわけにはいかないが、外出できるからいつでも電話をくれと名刺を渡して、エスタニスラウをホテルに送り届けて家路についた。
 床に入ってからも、あの赤顔の美少年だった彼が立派な紳士に成長しているのを頼もしく思いながら彼の来日の目的を聞いているので、それ以上ま詮索するのはやめようと思った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パナマを越えて=本間剛夫=862015年5月26日 パナマを越えて=本間剛夫=86  農業担当官はブラジルに駐在したことがあり、私が戦後二度目の旅行の際、サンパウロで日本人移住者の候補地選定に動向した間柄だったことを知って親しみが湧いた。彼はボリビアの底地ジャングルに新設されたサンファン移住地の農業指導者として駐在しているのだといった。 食卓を囲みながら、 […]
  • 《サンパウロ市》スペイン人のテロリストを逮捕=20数年の逃亡の末に2018年12月8日 《サンパウロ市》スペイン人のテロリストを逮捕=20数年の逃亡の末に  サンパウロ市西部バラ・フンダで5日に公文書偽造罪で捕まった男性が、1977年にスペインでテロ事件を起こして逃亡していた人物だったことが判明した。7日付現地紙が報じている。  この男性の本名はカルロス・ガルシア・フリアで、24歳だった1977年1月24日にマドリッドで起きた「 […]
  • 五輪不毛の南米大陸=リオ五輪が変化のきっかけになるか?2016年8月23日 五輪不毛の南米大陸=リオ五輪が変化のきっかけになるか?  21日に閉幕したリオ五輪で、開催国ブラジルは金7、銀6、銅6と、同国の歴史上、最高のメダル獲得数を記録した。それを巡り、「よくやった」と言う人と「開催国なのに20個にも達しないのでは少ない」と言う人は、国の内外を問わずにいる。だが、これまでの南米における「五輪不人気」の状況を […]
  • CKC=日系農協と進出企業の連携を=食品企業招き商談の場に=南米各国から過去最多70人2016年7月20日 CKC=日系農協と進出企業の連携を=食品企業招き商談の場に=南米各国から過去最多70人  中央開発コーポレーション(以下CKC、本社・東京)は12日、サンパウロ市の宮城県人会館で「第1回日系農業者団体連携強化会議」を行った。これは日本農林水産省による「中南米日系農業者連携交流委託事業」の一環で、来年度までの5年間実施されているもの。ブラジル各地を始めパラグアイ、ボ […]
  • フィッチ社=ブラジル債をBBに格下げ=経済立て直し待ったなし2016年5月7日 フィッチ社=ブラジル債をBBに格下げ=経済立て直し待ったなし  三大格付会社の一つのフィッチ・レーティング(F社)が5日、ブラジル債を格下げしたと6日付伯字各紙が報じた。 政局が不安定なことと経済の更なる悪化が、昨年12月に続いての格下げにつながった。 F社はすでにブラジル債を投資不適格級のBB+にしていたが、今回は更に1段階下げてBBと […]