ホーム | 文芸 | 連載小説 | パナマを越えて=本間剛夫 | パナマを越えて=本間剛夫=87

パナマを越えて=本間剛夫=87

        4

 一九五四年、日本外務省はボリビアに対して移民の可能性を調べるため調査団を派遣した。彼らは二週間の調査ののちサンタクルース地方を選び、それから北西百三十キロのサンファンの土地を購入することになった。
 この頃、企業家で海外からの引揚者西川利道は小規模精糖機械をもって海外進出を計画し、外務省に応援を求めていた。彼の計画は精糖工場周辺を砂糖きび耕地とし、日本移民を入植させ、工場の原料供給を安定させること。他方、入植者の生産物の販売先を確保することだった。彼は大学で農業を専攻し、戦時中はジャワで精糖工場を経営していて海外事業の責任者としては適任者だった。
 西川はボリビアに渡り、サンタクルースに戦前から住んでいた古い邦人数名の協力を得て、そこに日本人農業協同組合を設立して理事長になった。日本からも部下を同伴し、ペルーから日系二世の通訳を迎えて体制を整えた。外務省は西川をボリビアにおける移民受け入れ機関と認定し、サンファンにむけて移民を選び出すことにした。それを俗に「西川移民」と呼ぶ。
 その後の経過については旧知若槻泰雄氏(第二代移住地支配人、元玉川大学教授)著「原始林の中の日本人」から引用させて頂く。当時のサンファンの地理的条件、環境を知るにはこの書は絶好の内容を示している。
 西川移民十六家族、八十七名はオランダ船でい千九百五十五年(昭和三十)五月の出発で、彼らは「一家五十エクタール無償交付」と言う移民募集の条件に胸をふくらませた。
 オランダ船はインド洋、大西洋を経て五十余日後にサントスに着いた。途中、ホンコン、シンガポール、ペナン、ケープタウンなどを経、世界三大美港の一つといわれるリオ・デ・ジャネイロに寄港したときには海岸に立ち並ぶ白亜の高層ビルが背後の山波に浮ぶ眩いばかりの光景だった。上陸すると縁したたる街路樹、行き交う人々の極彩色の衣装は一行を明るい希望で満たした。
 しかし、次のサントス港でボリビア行きの汽車に乗りかえると、とたんに厳しい現実に引き戻された。汽車は「特別国際列車」だったが、それは客車でなく貨車だった。移民たちは貨車にアンペラを敷いて終日ゴロ寝するよりほかなかった。
 汽車は走ったり止まったり、頻繁に路線を変えたりしながら、のろのろと西北へ向かった。それでも鉄道沿線はどこまでも地平線の彼方まで広がるコーヒー耕地を眺めて、何年か後のわが成功の未来像を見るような気分に浸った。それに途中の駅々では戦前から住んでいる日本人開拓者たちが早朝でも真夜中でも、にぎり飯の炊き出しや豊富な果物を持ち込んで歓迎してくれるのが嬉しかった。中には米俵や醤油だるをくれる人もいた。
 時刻表などというものはなく、何時に出発するか分らない汽車を彼らは三時間でも四時間でも待って見送ってくれた。彼らはボリビアを決して「ボリビア」とはいわず、「あの山奥」といった。そして「困ったらいつでもいらっしゃい」と彼らが経てきた苦難の歴史を回顧して慰めてくれる人もいた。そのとき何げなく聞き流していたこの言葉の重みは二週間後にいやというほど味わされることになったのだ。
 平原はますます遅くなった。水と薪の補給のためにたびたび停車する。この機関車は薪を焚いて走るので、走行中窓から火の粉がとび込んできて服を焦がしたり、小さなやけどをすることが珍しくない。男たちは薪の積み込みを手伝ったり、上り坂になると機関士に頼まれて汽車の後押しをする。脱線の復旧作業にも馴れてくる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パナマを越えて=本間剛夫=862015年5月26日 パナマを越えて=本間剛夫=86  農業担当官はブラジルに駐在したことがあり、私が戦後二度目の旅行の際、サンパウロで日本人移住者の候補地選定に動向した間柄だったことを知って親しみが湧いた。彼はボリビアの底地ジャングルに新設されたサンファン移住地の農業指導者として駐在しているのだといった。 食卓を囲みながら、 […]
  • アジアに近づく物流革命か=蠢動する大陸横断2大計画=ペルーに抜けるかチリか=パラグァイ 坂本邦雄2016年1月19日 アジアに近づく物流革命か=蠢動する大陸横断2大計画=ペルーに抜けるかチリか=パラグァイ 坂本邦雄  最近、例の大西洋岸と太平洋岸を結ぶ「両大洋間中央鉄道回廊 - Corredor Ferroviario Bioceanico […]
  • W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭2015年11月19日 W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭  サッカーのワールドカップ南米予選は18日に第4節を終えたが、ブラジル・セレソンは現時点で勝ち点7、得失点差3で3位につけている。 第4節終了時点での順位は以下のとおりだ。1位エクアドル、2位ウルグアイ、3位ブラジル、4位パラグアイ、5位チリ、6位アルゼンチン、7位コロンビア、 […]
  • ロシアW杯=南米地区予選突破に暗雲=ブラジル初の黒星スタート2015年10月10日 ロシアW杯=南米地区予選突破に暗雲=ブラジル初の黒星スタート  8日、チリの首都サンチアゴで行われた、18年ロシアW杯南米地区予選開幕戦で、ブラジル代表はチリに0対2の敗北を喫した。チリ相手の敗戦は15年ぶり、W杯予選開幕戦の黒星は史上初と手痛い結果となったと9日付伯字紙が報じた。 大黒柱ネイマールを欠くブラジルは先発に前回大会経験者8人 […]
  • 《サンパウロ州》サントス沖で海賊騒ぎ?=船内から大量のコカイン押収2018年8月15日 《サンパウロ州》サントス沖で海賊騒ぎ?=船内から大量のコカイン押収  13日未明、サンパウロ州のサントス沖で、イタリア船籍のグランデ・フランシア号に不審な男達が侵入し、乗組員達を制圧する事件が起きた。  午前2時頃に不審な動きに気がついた船長が、隙を見て、近隣の船と連邦警察に通報したが、海が荒れていたため、連警が駆けつけたのは、数時間 […]