ホーム | コラム | 樹海 | 沖縄系コミュニティの複雑な事情

沖縄系コミュニティの複雑な事情

フォーラムの中で沖縄の黄金言(こがねことば)について講演する様子

フォーラムの中で沖縄の黄金言(こがねことば)について講演する様子

 「ウチナーグチ(沖縄語)は無上の財産」をテーマにした沖縄県人会フォーラムに参加し、「ブラジルでポ語中心に行われた」ことに感じ入った。と同時に事情の複雑さに考えさせられた。一県人会がこのような催しをすること自体がすごい▼ただし気になったこともある。講演者からは、琉球王朝が日本政府に併合され沖縄語使用が禁止となり、日本文化が押し付けられたことを批判する声が聞かれた。それなら、なぜ戦前戦中のバルガス独裁政権の同化政策への批判はないのかと▼琉球諸島で絶滅危惧言語は6言語あり沖縄語が入っているが、ブラジルにも絶滅に瀕する言語が190もあるとユネスコは発表している。イエズス会がインディオ教化をした時、ポ語を強要して彼らの言葉でしゃべると罰を強い、文化を奪ったからだ▼このフォーラムがなぜポ語かといえば、ブラジル政府の同化政策が奏功し、日本人でなくブラジル人世代になったからだ。同県人会創立者の一人、翁長助成も『学友』第8号(1938年9月)に「ポ語第一を提唱す」と寄稿し《日本語は親との家庭内の会話ができる程度でよい。第二世の教育はポ語を中心とすべし》という「伯主日従主義」を唱えて実践し、日系初の新聞記者・英雄を育てた。この日本語は沖縄語と読み替えてもいい▼移住以前の歴史を持ち出して日本政府ばかり批判するのは、どこか過去へ編重した歪みを感じる。いま当地で沖縄語話者が減っているのは日本のせいではない▼むろん母県との関係は大事だが、当地独自のポジションもあるに違いない。他県より気持ちが近いだけに距離感の置き方が、とてもむずかしい。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見2020年1月31日 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見  26日夜のことだった。コラム子は妻から、「これ、あなたが書いたの?」と、彼女が開いたノート・パソコンを指して言われた。読んでみるとそれはフォーリャ紙の記事で「日系の新聞がボウソナロ大統領を批判」と書かれてあった。  「えっ、どれのことだろう」とコラム子も一瞬、自分の […]
  • 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を2020年1月28日 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を  取材しながら、「日系社会は何を目指しているのか」―そんな疑問を頭に思い浮かべている。  たとえば、リベルダーデ日本広場のイベントで、長崎県人会の青年部があの重たい龍体を振り回して龍踊りを披露しながら玉のような汗を流している姿、レプレーザ文協の皆さんが一糸乱れぬ阿波踊 […]
  • 「文化局長の心構え」とは2020年1月24日 「文化局長の心構え」とは  先週、伯国では連邦政府の文化局長ロベルト・アルヴィム氏の「戦慄」とも言える突然の動画発表で大騒動となった。ナチスの音楽の象徴となったワーグナーのオペラをバックに、悪名高き情報相ヨーゼフ・ゲッベルスの発言をソックリ模倣し、「芸術の国への奉仕」を呼びかけたためだ。  こ […]
  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]