ホーム | 日系社会ニュース | 外交120周年=王将戦、ジェームズ氏に栄冠=子供大会で後継者育成も
子供大会表彰式の様子
子供大会表彰式の様子

外交120周年=王将戦、ジェームズ氏に栄冠=子供大会で後継者育成も

外交樹立120周年ロゴ

外交樹立120周年ロゴ

 ブラジル将棋連盟(山田孝由会長)は5月9日、同会館で日伯外交関係樹立120周年記念をかねて、「第43回王将戦」「第1回子供将棋大会」を行った。両大会を同時開催で行うのは初。王将戦には43人、子供大会には34人が参加し、腕を競った。
 子供向けの将棋大会は以前から行なわれていたが、正式な大会として扱われるのは今回が初めてとなった。同連盟のジェームス・マン・デ・トレド副会長が主宰するチェス・将棋教室の生徒が中心に参加した。
 開会挨拶で山田会長は「文化の後継者を育てるのは我々の義務」と述べ、多数の参加者に対して「感謝の気持ちでいっぱい。両大会はこれからも続けなくては」と意気込みを語った。
 子供大会は、どうぶつ将棋(初心者向け簡易版将棋)、8歳以下、10歳以下、12歳以下、18歳以下の5部構成、総当たり戦で行われ、勝数の最も多い男女それぞれにトロフィーが贈られた。
 初参加ながら、12歳以下の部で優勝を果たしたシウバ・グレーミ・オリビエくん(11)は、「もともとはチェスを習っていたけど、将棋の方が複雑で面白い。また次の大会も出たい」と笑顔で語った。
 王将戦決勝では、パラナから参加した浜公四郎六段とジェームス副会長が熱戦を演じた。中盤の膠着を勢いある攻めで打ち破ったジェームス副会長が見事、優勝に輝いた。
 同副会長は、「決勝戦を浜さんと戦えて幸せだった。子供大会も実現できてうれしい。次は大学生を対象とした大会を企画して、日本文化の普及に努めたい」と意気込みを新たにしていた。
 各部優勝者は以下の通り(敬称略)。【王将戦】ジェームズ・M・トレード【四段戦】小林誠【三段戦】梶原・フラビオ・トシオ【二段戦】国成ゆうじ【子供18歳以下】ホドリゴ・マルチンス、ビビアン・カサビ【子供12歳以下】シウバ・グレーミ・オリビエラ、フトニ・セリーナ【子供10歳以下】小林ジューリョ、星野美怜【8歳以下】トーマス・大智・増田【どうぶつ将棋】レン・カウリン・ノザワ、カミーラ・ラポルク、メンシオッチ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州知事立会い120着寄贈=「リオ五輪でメダルを期待」=三井住友海上が柔道着を2016年3月30日 サンパウロ州知事立会い120着寄贈=「リオ五輪でメダルを期待」=三井住友海上が柔道着を  大手保険会社の三井住友海上火災保険(本社=東京、柄澤康喜社長)が、当地柔道界に120着の柔道着を寄贈した。その贈呈式が19日午前、柔道サンパウロ杯2016開幕に合わせ、サンパウロ市イビラプエラ体育館で行なわれ、柔道連盟関係者、当地柔道界初のメダリスト石井千秋さんほか、ジェラル […]
  • 120周年花火大会=日本風の4500発盛大に=打上げお見事、集客〃不発〃=来場予想の半分、1万人=寒さ、広報の仕方が原因?2015年9月15日 120周年花火大会=日本風の4500発盛大に=打上げお見事、集客〃不発〃=来場予想の半分、1万人=寒さ、広報の仕方が原因?  外交樹立120周年を祝うメイン記念事業である「花火祭り」が12日、サンパウロ市南部のインテルラゴス・サーキットで行なわれた。ブラジルの材料を使って、両国の職人が共同制作した花火約4500発は華麗に夜空を彩った。ただし、1年前から周到に準備していたにも関わらず、集客面では予想の […]
  • 外交120周年=医療分野の日伯連携探る=JICA入柿理事が講演2015年12月10日 外交120周年=医療分野の日伯連携探る=JICA入柿理事が講演  外交関係樹立120年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術を拓く健康社会」が11月27日、サンパウロ市ホテルで開催された。ブラジル日本商工会議所、日本経済新聞社が共催。現役医師や病院経営者また医療機器メーカー代表者などが講演した。 JICA入柿秀俊理事は、日本の病院等で研 […]
  • 120周年花火祭りで公演=KAO=Sが意気込み2015年9月12日 120周年花火祭りで公演=KAO=Sが意気込み  120周年のメインイベント、本日12日の花火祭り(サンパウロ市インテルラゴス・サーキット)に出演するロックバンド「KAO=S」の川渕かおり(ヴォーカル/剣舞)、リーダーの山切修二(ギター/ヴォーカル)、寂空(津軽三味線)、サポートメンバーのKAZU(パーカッション)各氏が来社 […]
  • 120周年で初期移民を顕彰=若手日系人が「縁」公演2015年9月15日 120周年で初期移民を顕彰=若手日系人が「縁」公演  日系三、四世の若者が「先祖に感謝を伝えたい」との想いから「エン・ラッソス」(水本エリアネ代表)を結成し、先月29日、サンパウロ市リベルダーデのFECAP劇場で外交120周年記念公演「縁―運命の絆」を行った。400人収容の会場はほぼ満席になり、観客は若手の新たな試みを温かい目で […]