ホーム | コラム | 樹海 | 『本で床は抜けるのか』で興奮!

『本で床は抜けるのか』で興奮!

『本で床は抜けるのか』

『本で床は抜けるのか』

 4月に「原発事故をきっかけにゴイアス移住した日本人」との連載ルポを寄稿してくれた日本のジャーナリスト・西牟田靖さん。その新刊『本で床は抜けるのか』(本の雑誌社)が届き、興奮しながら読ませてもらった▼本の重みで床が抜けることを心配する発想自体に、頻繁な地震や木造家屋という前提があり、日本的環境がひそむ。ブラジルのような地震もなく、レンガ積み建築ではピンとこない心配だ▼しかもブラジル書店協会(ANL)によれば全伯の書店数は2980軒、日本は1万4609軒とほぼ5倍。全伯平均で6万4千人に1軒の書店しかなく、最悪のパラー州では20万人に1軒だ。日本で書店が最も少ない神奈川県でも1万4286人に1軒。つまり、ブラジルでは無縁に近い心配事だ▼この本で知ったが、実際に床が抜けた有名人は多く、立花隆や井上ひさし(故)の実例も。ある大学教授が亡くなった後、貴重な蔵書5千冊をどう整理するかで孫が四苦八苦する様子が興味深い。孫は、その妻である祖母が存命のうちは整理できないと考えた。その理由は《夫が何を考え、何を書いたのか。その痕跡が蔵書にはある。故人の思考遍歴が蔵書には残っている。つまり、故人の分身としての本棚なのである》(105頁)と書く▼こんな本好き文化は移民にも引き継がれている。でも、悲しいかな子供世代は横書き文化に。神林義明さんの「家中に横書きの本散らばりて我が城のみぞ縦書きの山」という歌を思い出す。当地では貴重な日本語書籍がゴミとして捨てられないよう、今のうちに古本市(本紙編集部でも可)に持って行き、誰かに活用されるようにしてほしい。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは2020年2月11日 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは  二世、三世ら子孫、ブラジル人に「何が日本文化か?」と尋ねられて、ポルトガル語でキチンと説明できる人がどれだけいるだろうか。というか、日本語で説明することも難しいだろう。  いきおい、ポルトガル語をあまり使わないで日本語教育、日本舞踊、書道、お茶、お花、音楽などを熱心 […]
  • 22年大統領選のカギを握る男2020年2月7日 22年大統領選のカギを握る男  米国では今、大統領選の予備選が3日のアイオワ州を皮切りにはじまり、そろそろ本格的な盛り上がりを見せはじめている。とりわけ、野党・民主党にとっては誰がトランプ氏の対抗馬になるのかを決める意味で非常に重要な意味を持つ。  ブラジルでの大統領選は2022年。ボウソナロ政権 […]
  • 失敗を再発防止に活かせ2020年2月6日 失敗を再発防止に活かせ  1月29日、以前から予定されていた手術を受けるべく、入院した。だが、入院当日の朝の問診で、手術の5日前に止めるべき薬があったのに指示し忘れていたというミスが発覚。同日夜、手術は延期された▼日本にいた時勤めた会社では品質管理のためのサークル活動が盛んだった事もあり、翌日 […]
  • 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を2020年2月4日 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を  日伯修好125周年を記念して、「日伯200周年基金(Fundo de Bicentenario […]