ホーム | 文芸 | 刊行 | 笠戸丸沖縄移民を徹底追跡=『未来へ継ぐ裔孫』、日ポ両語で
完成した本を手にする著者の赤嶺さん
完成した本を手にする著者の赤嶺さん

笠戸丸沖縄移民を徹底追跡=『未来へ継ぐ裔孫』、日ポ両語で

 笠戸丸移民の4割を占めた325人の沖縄系移民の足跡を徹底調査した『笠戸丸移民 未来へ継ぐ裔孫』(赤嶺園子著、306頁)が発売中だ。80レアル。
 本紙と提携関係にある沖縄タイムス(本社・那覇市)から昨年10月に発行、ニッケイ新聞が編集協力した。
 市町村別に、ブラジル永住者、アルゼンチン転住者、帰国者にわけ、生年月日、渡伯時年齢、没年、子孫の数などを詳細に記録。家族、知人の証言や書類、新聞記事、写真などを元に初期移民の生き様に迫っている。乗船者リストや写真なども盛り込んだ移民研究の資料として価値のある一冊だ。
 著者の赤嶺さんは57年に移住、両国で大学を卒業し、琉球大学大学院で修士号を取得。サンパウロ市で「ソールナセンテ人材銀行」を経営している。
 「移住した自分が恵まれた環境にあるのも、先人の血を吐く様な苦労があったからこそ」と思い立ち、ブラジル、アルゼンチン、沖縄まで自費で墓参しながら子孫を訪ね歩き、〃鎮魂〃ともいえる取材を数年かけて行ってきた。
 「栄養失調や事故、結核で亡くなった人も多い。本にはとても書けないようなエピソードもあった」と目頭を押さえる。
 「移住の歴史が風化している今、若い世代に読んでもらいたい。成功した人は一握り。帰りたくても帰れなかった先人の苦労を偲んでほしい」と話している。

沖縄タイムス 書評

沖縄タイムス 書評

 ニッケイ新聞(11・3340・6060)、ソールナセンテ人材銀行(3276・5155/3208・5266)ほか、各日系書店でも扱っている。
 なお、ポルトガル語版(50レアル)も刊行されており、同人材銀行のみで取り扱っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2017年11月29日 沖縄移民110周年が本格始動=実行委員会発足、忘年会も=「有名歌手が来伯するかも」  ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長)はサンパウロ市本部で23日午後3時から「沖縄移民110周年実行委員会」設立会議、その後の忘年会には約160人が集まり、政治経済が困難だった今年を無事に乗り越えたことを共に祝った。本紙取材に対し、島袋会長は来年8月に開催される沖縄移民1 […]
  • ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ2018年8月14日 ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ  1908年に第1回移民船「笠戸丸」がサントスに着港し、沖縄県移民325人がブラジルの地を踏んでから110年――約190万人と言われるブラジル日系人のうち約1割を占め、その規模を遥かに上回る存在感を持つ沖縄系コミュニティ。その中核組織、ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長) […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 明治維新と日本人移民=(独)国際協力機構理事長 北岡伸一=(下)2018年6月23日 明治維新と日本人移民=(独)国際協力機構理事長 北岡伸一=(下) (4)日系人と日本  150年の時を経て、全世界で約360万人の日系人がおられます。  150年の間には、ハワイ生まれの日系二世、米国日系人初の上下両院議員となり、50年近く上院議員を勤められていたダニエル・ケン・イノウエ議員を始めとして各国の政界、学界、企業、スポーツ界、 […]
  • 明治のどの部分からブラジル移住は始まったか2018年4月10日 明治のどの部分からブラジル移住は始まったか  「明治維新150周年」が日本で盛大に祝われようとしている。明治のどんな部分からブラジル移民が始まったのかを解き明かしたいコラム子にとっては、少々関心がある行事だ。  というのも「なぜ日本で殖民事業を開始した榎本武揚や“ブラジルの吉田松陰”大武和三郎は旧幕臣で、水野龍 […]