ホーム | 日系社会ニュース | 120周年文化事業が続々と=基金も音楽家3組招へい=『るろうに剣心』作者来伯=有名アーティスト次々に
和楽器トリオ「結」
和楽器トリオ「結」

120周年文化事業が続々と=基金も音楽家3組招へい=『るろうに剣心』作者来伯=有名アーティスト次々に

 日ブラジル交樹立120周年を記念して、様々な日系団体が事業を企画している。国際交流基金サンパウロ文化センターでは和楽器トリオ「結」、ジャズピアニストのクリヤ・マコト、世界的バイオリニスト五嶋龍3組の音楽家の全伯ツアーを予定するほか、大ヒット漫画『るろうに剣心』(ポ語題「Samurai X」)の作者和月伸宏さんと、そのストーリー作りに協力した妻の黒碕薫さん(小説家)の来伯講演も企画中。SESCやニッケイ新聞なども文化団体を呼ぶべく企画を練っている。120周年を機に、今年後半は様々な大物アーティストを見られそうだ。

漫画『るろうに剣心』の作者夫妻がそろって来伯

漫画『るろうに剣心』の作者夫妻がそろって来伯

 人気漫画『るろうに剣心』は1994年から5年間に渡り週刊少年ジャンプで連載され、約6千万部を売り上げたヒット作品で、当地でも若者に絶大な人気を誇る。
 作者の和月さんは7月13日~20日まで滞伯し、リオ(14日)、サンパウロの2市で講演する。サンパウロ市会場はCCSP(17日)と「コミックフェスタ」(18日)。妻の黒碕薫さんは昨年に続き2度目。和月氏に同行、講演会に参加する。
 若手女性邦楽奏者3人による和楽器トリオ「結」(津軽三味線、箏、尺八)、ジャズピアニストのクリヤ・マコトさん率いるジャズアンサンブル・グループ、米国出身の有名バイオリニスト五嶋龍さんはそれぞれ6、8、10月に来伯し、約1カ月かけて在外公館のある国内都市をツアーするという。基金本部が主催とあって、大型事業となるようだ。
 7月の日本祭りでは古武術を中心に「武の美」を追求する芸能団体「武楽座」(ぶんがくざ)によるショーを開催する。『犬神家の一族』『ビルマの竪琴』などで知られる市川崑監督の巡回映画展や、日本の陶磁器巡回展も年度内に実施予定。
 SESCサンパウロも日本文化庁と共催して「劇団実験室 万有引力」を招き、11月にSESCピニェイロスとサントス支部で公演を実施する予定。95年に当地を初巡演し好評を博した劇団で、来伯は20年ぶり。
 楠野祐司コーディネーターによれば、前回の公演好評だったことから「もう一度やりたい」との要望がSESCから上がっていた。同氏は「30人の大型事業はこういう特別な機会でもなければやれない」と話した。
 1969年に佐渡で結成した人気和太鼓集団「鬼太鼓座(おんでこざ)」も9月に来伯予定だ。藤瀬圭子プロダクションやニッケイ新聞などがコーディネーターとなり、同太鼓集団はじめ津軽三味線や舞踊のプロ15人による合同公演をリオ、カンピーナス、聖、イグアスの4市で企画中だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ