ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 6月29日、サンパウロ市パウリスタ大通りで自転車専用道が使用開始となったが、6月30日付アゴラ紙によると、6月29日の午前7時30分~8時と9時30分~10時にアラメダ・ミニストロ・ロシャ・アゼヴェドとフレイ・カネカ通りの間で自転車の交通量を調べたところ、前者の時間帯で43台、後者で64台となった。平日初日は1分につき、せいぜい2台走るくらいの計算で、利用者のほとんどは大同通り近くに勤め先がある人たちだった。一方、横断歩道を渡る人の中には、大通りのほぼ真ん中の部分に自転車専用道が出来たことで、横断中に真横から出てくる自転車で怪我をしないかと心配する人もいた。
     ◎
 6月24日未明に交通事故で急逝したセルタネージャ歌手のクリスチアーノ・アラウージョに関するニュースはいまだにブラジル内では関心が高いが、6月30日付伯字紙によると、車の運転手は国道153号線を規定(時速110キロ)以上のスピードで運転しており、車がバランスを失う前にタイヤに穴が開く音を聞いたと語っている。事故が起きた車はクリスチアーノのものだったが、車輪はオリジナルではなく、友人から譲り受けたものだったという。
     ◎
 5月のサンパウロ州の主要6水系の降水量はどこも、月間平均降水量前後だったが、6月の降水量は、なぜか平年の2倍の量が降ったリオ・クラーロを除けば、平均の約3分の2に終わったカンタレイラなど、軒並み平均の5~6割といった感じだった。7月、8月は1年で最も乾燥するが、今日からサンパウロ州に入り込むという寒冷前線に期待したい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • マモーナスが没後20年=絶頂のまま飛行機事故死したバンド2016年3月4日 マモーナスが没後20年=絶頂のまま飛行機事故死したバンド  1996年3月2日、デビュー後1年も経たないうちに大ブームを巻き起こしたロックバンド、マモーナス・アサシーナスのメンバーが、飛行機の墜落事故で命を落とした。今年はそれから20年となる。 マモーナス・アサシーナスは、サンパウロ市郊外で国際空港もあるグアルーリョス市で結成された。 […]
  • 東西南北2015年3月5日 東西南北  カンタレイラ水系に関する新聞やテレビの報道時にマスコット扱いされていた、アチバイーニャ貯水場に放置されている廃車が、1995年にサンパウロ市で盗難にあった車であることが判明したと、4日付アゴラ紙が報じている。この車はかつて同貯水場の底に沈んでいたものが水位の低下によって姿 […]
  • 【特別企画】多彩な活躍する水谷ペドロ氏=コロナ禍でも好調な砂糖産業=世界と繋がるカラオケ大会《3》2021年5月7日 【特別企画】多彩な活躍する水谷ペドロ氏=コロナ禍でも好調な砂糖産業=世界と繋がるカラオケ大会《3》 ボルソナロ大統領からも期待される水谷氏とは  今日、ブラジルのアグロビジネスの主要な柱であるスクロエネルジェチコ(砂糖エネルギー)部門の重鎮となった水谷ペドロ・イサム氏は、1959年にサンパウロ州リベイロン・プレットで生まれた。愛知県出身の父親は2歳、広島県出身の母親 […]
  • 《サンパウロ市》年越しイベントはオンラインで=目玉アーティストぞくぞく2020年12月29日 《サンパウロ市》年越しイベントはオンラインで=目玉アーティストぞくぞく  サンパウロ市恒例の年越しイベント「レヴェイロン」は新型コロナウイルスの影響により、オンライン開催となる。これは、市最大の繁華街パウリスタ大通りで毎年12月31日夜に行われるコンサートを中心とするイベントだ。  コンサートの動員数は毎年延べ100万人以上を記録し、市の […]
  • 東西南北2020年4月10日 東西南北  8日の夜のボルソナロ大統領の政見放送は、外出自粛令を止める呼びかけと、世界でもまだ試験段階の薬品の処方を勧めるもの、という物議を醸す内容だったが、世間へのインパクトはそこまで大きくなく、ツイッターでの話題にもあまり上がらなかった。大統領支持派の人は「ボルソナロにノーベル賞」な […]