ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年9月28日付け

 世論調査統計機関(Ibope)が26日に発表したところによるとジウマ政権に対して62%が「よい」と評価し、同政権の記録を更新した。逆に「悪い」はわずか7%。ジウマ大統領への評価も3月、6月の調査と同じく77%と高数字を保持している。ここ数カ月、数々の英断とも言える発表をしてきた同大統領だけにこの結果は励みになるのでは。
     ◎
 18日から全国規模で行われていた銀行員のストは26日に終結宣言が出され、27日から通常業務に戻った。組合員側が求めていた10・25%の給与調整は7・5%となり、2416・38レアルにするよう求めていた基本給は窓口担当の従業員で2056・89レアルとなった。唯一、連邦貯蓄銀行(CAIXA)だけが妥結を見ず、ストを継続している。銀行員にとって満足行く結果だったかはわからないが、通常業務に戻ったのは嬉しい。
     ◎
 2011年のリベルタドーレス杯とスダメリカーナ杯の王者同士で26日に行なわれた「レコパ杯」でサントスFCはチリのウニベルシダーデを2—0で下した。創設100周年記念の同クラブにとって2冠目となる。先制点を決め勝利に貢献したエース、ネイマールは先日サンパウロFCに移籍したガンソに「君もこの優勝杯獲得に貢献した仲間だよ」とエールを送った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2013年2月5日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年2月5日付け […]
  • 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る2019年1月23日 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る  17日よりチリで開催されている、U20サッカー南米選手権。南米大陸ナンバーワンの座と、5月に開催されるU20W杯の出場権をかけて、10カ国が争う。  サンパウロFCでプロデビュー、ブラジル国内ではサントスやコリンチャンスでもプレー、その後は日本の柏レイソルや清水エス […]
  • サッカーU20南米選手権=ブラジルは期待のヴィニシウスJr.を招集できず=黄金世代のはずもサントスFCロドリゴ頼み2018年12月14日 サッカーU20南米選手権=ブラジルは期待のヴィニシウスJr.を招集できず=黄金世代のはずもサントスFCロドリゴ頼み  ブラジルサッカー連盟(CBF)は13日、来年1月にチリで開催されるサッカーU20南米選手権の代表選手を発表した。この大会は、同年6月にポーランドで開催されるU20ワールドカップの予選も兼ねており、上位4チームが出場権を獲得できる。  本来この世代は、2017年のU1 […]
  • サンパウロ市杯=柏が決勝T進出を正式決定=相手は強豪サントスで敵陣戦2014年1月14日 サンパウロ市杯=柏が決勝T進出を正式決定=相手は強豪サントスで敵陣戦 ニッケイ新聞 2014年1月14日  【既報関連】19歳以下のプロ登竜門として知られる『コパ・サンパウロ』のグループ・リーグの全日程が12日に終了し、日本から参加している柏レイソルの決勝トーナメント進出が決定した。外国勢としては初のGリーグ突破の快挙だ。  柏は勝ち点7、得失 […]
  • 東西南北2013年5月24日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年5月24日  昨日の本欄でハダジサンパウロ市市長が、6月2日からのバス代を累積インフレ率より小幅で調整する意向と伝えたが、抑えたい気持ちは市長よりもジウマ大統領の方が強く、同大統領の願いもあって、バス、地下鉄及びCPTMが3・20レアル、バスと電車の乗り […]