ホーム | コラム | 樹海 | 笠戸丸で来た沖縄県人移民を知るならこの一冊

笠戸丸で来た沖縄県人移民を知るならこの一冊

完成した本を手にする著者の赤嶺さん

完成した本を手にする著者の赤嶺さん

 足跡をたどるのが最も困難な笠戸丸移民について、これほど足を使って調べ上げた本があっただろうか――。本紙が編集して沖縄タイムスから昨年末に出版された『未来に継ぐ裔孫』(赤嶺園子著、80レアル)は、笠戸丸で渡った沖縄県人移民325人の生涯を丹念に記した貴重な記録集だ。サンパウロ州はもとより、リオ州、南麻州、遠くは亜国や沖縄県まで家族を訪ね、死亡年月日を確認するために墓まで探しまわった▼調査者が女性だけに、男性中心の従来の移民史には出てこない女性に対する具体的な記述には目を覚まされる。姉妹の「身代わり」で渡航した例もあり、驚くべき逸話が織り込まれている。騙されて旧円をトランク一杯買わされながら愚痴を言わず、子孫から深く感謝された、涙なしには読めない田場ウシの生涯など珠玉の逸話が掘り起こされている▼編集作業を手伝いながら「個人的なもの」としてはあまりに膨大すぎる調査量だと気が遠くなった。「多忙な仕事の合間をぬって、なぜそんな時間と経費のかかることをしたのか」と赤嶺さんから持ち込まれた原稿を読みながら考え込んだ▼元々は移民百周年を目指して始められたものであり、この「調査」自体が一種の「先祖供養」「慰霊」だと思い当たった。線香に火を灯すように調査票に記入し、巡礼が聖地を回るように笠戸丸子孫の家から家を探し歩いたに違いない▼だから本の行間には、墓石から墓石へと目線を移しながら、先人の労苦に想いを馳せた調査者が持つ先達への畏敬の念が込められている。沖縄県人が持つ先祖への想いの強さ、崇敬心が形になったような本だ。一読をお勧めする。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • コラム 樹海2004年11月24日 コラム 樹海    先日、グァタパラ(移住地)文協の役員数人が来社したおり、ほのぼのと温かい一方、哀しいような話をきいた▼お盆に笠戸丸移民など初期移民が埋葬された旧ファゼンダ墓地に神父をともなって墓参したおり、ユーカリ林となった旧墓地の一角にアマリリス、グラジオラスが育っており、花をつけ […]
  • コラム 樹海2013年11月30日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年11月13日  次々に百周年——。今年はレジストロ地方百周年が盛大に祝われ、サンパウロ州議会では平和灯ろう流し発起人8人への顕彰もあった。日系団体がポ語字幕の原爆映画を上映し、『原爆許すまじ』などの歌を教え、公立学校生徒に平和教育をするという日系活動だ▼ […]
  • 笠戸丸表彰=110の個人・団体に栄誉!=菊地委員長「五世になっても日伯交流を」=日本や全伯各地から900人2018年8月29日 笠戸丸表彰=110の個人・団体に栄誉!=菊地委員長「五世になっても日伯交流を」=日本や全伯各地から900人 […]
  • 旧サントス日本人学校全面返還=連邦政府が名義変更に署名=百周年で落成、110周年で地権=平和への誓い新たに2018年6月23日 旧サントス日本人学校全面返還=連邦政府が名義変更に署名=百周年で落成、110周年で地権=平和への誓い新たに  サントスに第一回移民船「笠戸丸」が着港してから110年を迎えた「移民の日」の6月18日、戦争で敵性国資産として凍結接収された旧サントス日本人学校の全面返還を求める70年越しの祈願が結実し、建物の名義変更署名式が行われ、コロニアに正式返還された。長年運動を支えてきた関係 […]