ホーム | コラム | 樹海 | W杯とリオ五輪の間で

W杯とリオ五輪の間で

 「来年のエメンダ・パルラメンタール(議員割り当て金)を貰うのはすごく難しいよ」。選挙後、日系議員の補佐官らは口をそろえて言う。理由を問うと、「サンパウロ州政府は雨不足の対策工事に費用がかさんでお金がない。連邦政府はW杯の開催費用の借金払いと、リオ五輪の建設費用が膨らんだ上に、ジウマが政府支出をぎゅっと締めようとしている。来年は最低限のものしか出ない」と一気に説明し、ゆっくり、ため息を吐いた▼さらに「特にイベントへの割り当て金は難しい」と釘を刺した。日系の大型イベントの大半が割り当て金を当てにしている。それを考えれば、来年の日伯外交樹立120周年を冠とする数々のイベントは、下手すれば開催困難な状況にすら追い込まれる可能性がある▼難しい状況に輪をかけているのは、サンパウロ州における〃ねじれ〃の構図だ。サンパウロ州はPSDBの天下だが、連邦政府はPTとPMDBで、与野党が逆転している。「割り当て金の財源が厳しい仲、当然、与党議員の方を優先する」という。サンパウロ州の日系州議で与党なのは西本エリオ州議(PSDB)だけ。連邦ではカサビPSD党首が大臣になると噂され、同党で当選した飯星ワルテル下議は安泰だし、補欠1位の安部順二下議もほぼ確実に繰り上がると予測されている▼ただし、なり行きが心配されているのは、PSD連立のPPのパウロ・マルフ下議がフィッシャ・リンパ法で裁判係争中だが、もし「出馬可能」判決となれば、飯星が補欠1位に、安部が同2位に下がってしまう点だとか▼いずれにせよ、雨不足、W杯やリオ五輪開催の悪影響は来年、じわじわと様々な形で出てくるようだ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 統一地方選=30日に決選投票実施=両極候補対決のリオの行方は?=BHを死守したいアエシオ=アウキミン氏は余裕の発言2016年10月28日 統一地方選=30日に決選投票実施=両極候補対決のリオの行方は?=BHを死守したいアエシオ=アウキミン氏は余裕の発言  30日は、2日の統一地方選で市長が決まらなかった全国55市で決選投票が行われる。その中から、「福音派対急進左派」という両極候補の対決となり、全国的な関心を呼んでいるリオ市など、主要都市の直前の状況をダッタフォーリャのデータなどを元に見ていくこととしよう。  リオ市の […]
  • W杯開幕戦の観客席の様子(6月12日、Foto: Ricardo Stuckert CBF)2015年1月13日 リオ五輪で抗議行動は起きるか?=不発に終わったW杯での抗議行動  いうまでもなくサッカー選手の大半は貧困層から生まれている。世界に誇る優秀な選手が輩出される裏には、教育が行き届いておらず、サッカー以外に社会上昇の手段があまりない、という格差社会の現実が前提としてある。  人口の大半を占める貧困層からスポーツの逸材をサッカー […]
  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 大耳小耳2014年10月1日 大耳小耳  もっとブラジルを知ってもらおうと、東京のJR中央線沿いのブラジル系店舗や、ライブハウスが手を取り合い9月27、28日に音楽イベント『VAMOSブラジる!?』と題した企画を開催した。ボサノバやサンバだけでなくブラジリアンPOP、ショーロ、ノルデステなども紹介したという。サン […]