ホーム | コラム | 樹海 | 日本の資産がブラジル当局に筒抜けに?!

日本の資産がブラジル当局に筒抜けに?!

上院議員らに説明するレヴィ蔵相(Foto: Marcos Oliveira/Agência Senado)

上院議員らに説明するレヴィ蔵相(Foto: Marcos Oliveira/Agência Senado)

 犯罪者らが外国に隠している資金を、国が〃資金洗浄〃する代わりに35%の上前をはねる?――とでもいえそうな「在外資産再国内化暫定令」(repatriação de recursos)が問題になっている▼従来は州ごとに%が異なっていた商品流通サービス税(ICMS)を均一化することで生じる減額分を補うための新財源として、政府から提案された。苦肉の策を繰りださないと財政が収まらないようだ▼これが始まれば、犯罪とは無関係な在外の銀行口座や家財、債券などの資産で当地の国税局に届け出ていないものも該当し、定められた期間に税金と罰金の計35%を支払えば合法化できそうだ▼「国が資金洗浄」モドキとはとんでもないと思ったが、同様の法律はポルトガル、イタリア、スペイン、ドイツ、米国などでも実施済み。案外、一般的らしい▼この暫定令が時宜を得ているのは、国際的な脱税等を防ぐために、各国の税務当局による非居住者の口座情報の交換を容易にする「税務行政執行共助条約」が13年から発効したからだ。日本は発効済みで、ブラジルも署名を終え、発効に向けた準備をする段階だ。つまり、いずれは日本の資産がブラジル税務当局に筒抜けになる流れだ▼思えばブラジル籍企業で日本に支店があり、当地の国税局に申告していない資産をもっているとか、戦後移民で日本の銀行口座に親の遺産があるとか、日本での寄付集め用に日系団体が作った口座のお金が残っているとか、デカセギ時に給与受け取り用に口座を開設して今もヘソクリとして残しているとか、日本就労中に家を買って息子ら家族を住ませて自分は帰伯しているとか―はこの暫定令の範疇かも。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 2018年以降、日本・ブラジル間で金融口座情報が筒抜けに2020年1月14日 2018年以降、日本・ブラジル間で金融口座情報が筒抜けに  今回は資産家向けの話で、コラム子のような一般庶民には、正直言ってあまり関係がない。だが、読者には資産家も企業家もいるので、予備知識として知っておいてもいいかと思い、調べてみた。   ブラジル在住者が10万ドル超を日本に持つ場合    まずブ […]
  • ブラジルらしい短歌〈一命を賭して巨悪にたちむかう若き判事は国の光明〉2017年9月15日 ブラジルらしい短歌〈一命を賭して巨悪にたちむかう若き判事は国の光明〉  「今大会では、いかにもブラジルらしい歌にたくさん出会えて、とても幸せな一日でした」――司会の多田邦治さんはにこやかに、そう全伯短歌大会を締めくくった。 […]
  • セント・メリー・アクス通り30番地に聳え立つ超高層ビルから見た英国ロンドンの町並み(Foto: Matt Brown)2015年5月13日 デカセギブーム再開の兆し  「風が吹けば桶屋が儲かる」ならぬ、ラヴァ・ジャット旋風が吹き荒れるとデカセギが増える?!――ブラジルの不景気に押し出され昨年から国外就労ブーム再開、主な行先は日本と英国―との興味深い記事がエスタード紙4月19日付経済面に掲載された▼英国首都北西部に二輪販売店を […]
  • 火は小さいうちに消し、屋根は晴天の間に直せ!2019年12月3日 火は小さいうちに消し、屋根は晴天の間に直せ! アジア系が手を組んだ東洋街のブラックフライデー  「火は小さいうちに消せ!」「天気が良いうちに屋根を直せ」――これは人生においても、外交においても常に頭に置いておくべき金言ではないだろうか。  サンパウロ市のパウリスタ大通りに今年できたばかりの韓国文化院で、最近 […]