ホーム | コラム | 樹海 | 県連日本祭りの裏方の皆さん、お疲れさま!

県連日本祭りの裏方の皆さん、お疲れさま!

これが〃食の外交官〃の笑顔です。日本祭りを支える県人会婦人部

 今年も県連日本祭を裏方から支えた皆さんに、心から「お疲れさまでした。皆さんのおかげで日本文化の存在感は、世界のどの都市よりも大きい。特にもくもくと働く婦人部の皆さんは割烹着を着た〃食の外交官〃であり、若者たちは移民150周年への〃希望の星〃だ」と言いたい▼今20歳の若者が63歳の時に移民150周年だ。彼らを惹きつける投資をしないでコロニアに未来はない。若者が「二度と手伝わない」となるのでなく、「楽しかった。またやりたい」と思えるような日本祭にしてほしい。県費研修生・留学生として日本を知り、日本祭を手伝う若者の中から、きっと150周年祭典委員長が生まれる。日本語学校も人材育成の要だ▼2058年頃、彼らが「若い頃には日本祭という凄いイベントがあった」と昔話にするのか、それとも「俺は20歳の頃からずっと手伝っている。お前たちも一緒にやろう」と子供に言うようになるのか▼JICAはシニアボランティアとして和食専門家を各地の連合会に派遣し、婦人部向けに和食講座をやってほしい。すでに聖南西連合会が申請中と聞くが、県連、ノロエステ、パウリスタ、汎ソロ、パラナ、聖カタリーナ、パラーなどにも派遣しては。特に苺や柿など特産物のある地方はそれを使った料理を開発し、当地の郷土食にしてほしい▼女性の役割は重大だ。家庭だけでなく、日系イベントの食も彼女らの手にかかっている。二、三世にも興味がわくような洋風和食(和風スパゲティ、カレー、シチュー、日本式ケーキ類など)も積極的に広めてほしい。日本と進出企業、コロニアが一体となって和食普及を図ってはどうか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 眞子さまご訪問は何をもたらすか2018年8月18日 眞子さまご訪問は何をもたらすか  宮内庁は8日、「ブラジルご訪問を終えてのご印象」として、眞子さまのお言葉をサイト上で公開した。10日間で5州14都市をご訪問されたなかでも、我々にとって最も感動的だったのは、皇族として初めてご訪問された平野植民地での出来事ではないか▼初期移民がマラリアで次々と斃れてい […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]
  • 一度だけ身内の話を2018年7月31日 一度だけ身内の話を  かつて身内のことを、本コラムで書いたことはない。  だが社長から「今回の眞子さまの取材では記者が全伯を飛び回って、全員ががんばった。ポルトガル語編集部も。そのことを一度ぐらい書いてくれ」と言われた。  もしも吉田尚則前編集長に「身内の話を書いてもいいか」と相談した […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]