ホーム | 連載 | 2015年 | 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲 | 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(15)

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(15)

1927年の上野一家(『上野米蔵伝』より)

1927年の上野一家(『上野米蔵伝』より)

 1926年、北パラナ日本人会が設立された。米蔵は副会長に選ばれ、翌年、北パラナ連合日本人会と改称した時、会長になった。30歳を少し越したばかりであった。
 「北パラナに上野米蔵あり」と、サンパウロ州の邦人社会にまで知れ渡った。会長職は、以後、なんと32年間も務めることになる。
 しかし、アルマゼンの仕事は、何故、そんなに調子良く行ったのだろうか? これは種々、運に恵まれたからであろう。 まず、最初、自営農を目指したが、思わしい土地が見つからなかった。これが却って良かった。
 次に、彼が店を開いた頃、この地域では日本人が急増していた。ブーグレやその他のファゼンダの労務者である。日本人の植民地もできていた。彼らは、間作あるいは自営でつくった農産物を、非日系のアルマゼンに売るのは、気が進まなかった。そこに米蔵が、アルマゼンを開いたのである。
 先に、アルマゼンを営む邦人の中には、同胞から憎まれる者がいた──と書いたが、米蔵は人の世話を実によくみた。夫人の人柄も良かった。人気は上々だった。客の方から頼ってきた。
 無論、上野商会には、非日系の客もいたが、日系が主力であった。(後年の勝ち負け抗争の時は、米蔵は勝ち組だった)
 さらに、開店二年後には、鉄道の駅が近くにできた。カミニョンで農産物を駅まで運べば、量はいくら多くても、遠い市場へ運んでくれた。これで増々繁盛した。
 運に恵まれれば、商売というものは魔法の様な働きをする。

七転び八起き

 しかし幸運というものはそう長続きするものではない。米蔵にも、その時がきた。1929年の世界恐慌では、大損害を受けた。仕入れておいたカフェーが大暴落したのである。1932年の内戦の折は、商品の大半と二台あったカミニョンを、兵士に奪われた。
 内戦とはサンパウロ州がリオのゼッツリオ・ヴァルガス革命政権に叛旗を翻して起した紛争のことで、サンパウロ州では、これを護憲革命と名付けた。
 この時、パラナ州を含む南伯三州はゼッツリオ・ヴァルガス側につき、その州軍がパラナパネマの南岸に集結、北岸のサンパウロ州軍と対峙した。橋は爆破された。結果的に戦闘はなかったが、代わりに州軍の兵士による徴発と称する略奪が、アチコチで頻発した。米蔵は、その被害に遭ったのである。
 その年、米蔵は胃潰瘍で大量に喀血、二カ月間の絶対安静を医者から命じられた。それでも動き出すので、寝台に縛り付けられた。世間では「上野さんも駄目らしい」と噂した。病因はピンガの暴飲だった。毎日1リットル瓶を空にしていた。時には仲間と呑み比べをやり、大瓶を置いて、コップ一杯のピンガを、交互に呑み干しながら相手の頬っぺたを殴り、それを繰り返した。頬っぺたは、どちらも赤く腫れ上がった。何故そんな無茶をしたのか──は誰も知らなかった。恐らくは、仕事からくる緊張感や苦痛、疲れを癒そうとしたのであろう。
 療養期間は1年半に及んだため、アルマゼンは閉店となった。回復後は酒を断ち、綿の仲買を始めた。綿はトゥレス・バーラス移住地で栽培が成功、北パラナ各地に広がり始めていた。米蔵はこの波を捕らえた。
 なお同移住地は、ブラ拓(日本政府系の海外移住組合連合会の在伯機関)が1932年、カンバラーの西南西100キロほどの所に造った広大な入植地である。(移住地とは植民地の新語)
 米蔵は綿の仲買をしながら、農産物の加工に次々手を出した。1936年頃からゴマの搾油、味噌・醤油製造、生糸生産、カフェー精選……と。日系、非日系の友人との共同事業が殆どであった。しかし悉く失敗した。トレス・バーラスで精綿工場を起したこともある。地元の産業組合との共同経営だった。米蔵が社長を務めたが、これも1年で終わった。
 失敗の原因は、搾油は原料の胡麻の畑に害虫が入り、味噌・醤油は市場が小さ過ぎ、生糸は品質に問題が生じ、カフェーの精選は第二次世界大戦で輸出不振となり、製綿は品質が劣り……と様々だった。
 1944年、トゥレス・バーラス移住地の市街地は周辺の農業地帯の大半と共に、ムニシピオになった。この時、名称はアサイとなった。そのアサイで、米蔵は1948年、ボトランチンと共営で、再び精綿工場を経営、ようやく成功した。1957年、ボトランチンが手を引き、独自の経営となった。これがアサイ綿花株である。米蔵は62歳になっていた。この頃から、この地域の綿は隆盛期に入り、アサイ綿花も大きく伸びた。
 米蔵は晩年「自分の人生は七転び八起きだった」と述懐している。(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民110周年=サントス日本語学校の完全返還=ようやく訪れた「本当の終戦」=(3)=「南米における日本移民の出エジプト記」2018年7月14日 日本移民110周年=サントス日本語学校の完全返還=ようやく訪れた「本当の終戦」=(3)=「南米における日本移民の出エジプト記」  1942年1月にブラジルが連合国側について以来、ドイツ潜水艦による米国向けブラジル商船などへの攻撃が始まった。ブラジル政府はその対抗処置として、枢軸国側移民の資産凍結を始め、4月からはDOPS(社会政治警察)が日系社会の主だった指導者を次々にスパイ容疑で収監し、拷問す […]
  • ブラジル日本移民史の快挙=サントス強制立退き証言の掲載2017年11月22日 ブラジル日本移民史の快挙=サントス強制立退き証言の掲載  《私の一番の苦しい想い出は、姉があの事件のショックで恐怖症を患い、生涯、精神障害で苦しんだことです》――沖縄県人移民塾同人誌『群星(むりぶし)』第3号145頁には、そんな生々しい言葉がおどる。  「あの事件」とは、1943年7月8日、ブラジル政府の命令により24時間 […]
  • 「負けて勝つ」のがサンパウロの歴史2017年1月27日 「負けて勝つ」のがサンパウロの歴史  サンパウロ市の誕生日、1月25日を心からお祝いしたい。1553年のこの日、マヌエル・ダ・ノブレガ宣教師が率いるイエズス会士ら一行が、チビリサー族らインディオ教化のため、初めてのミサをサンパウロ市で行った。その場所がパチオ・ド・コレジオであり、チビリサー族らが住んでいた […]
  • 恩人の汚名雪ぎ、百年後に顕彰2016年9月30日 恩人の汚名雪ぎ、百年後に顕彰  「恩人の汚名を雪ぎたい」――サンパウロ州スザノ市のバルエル教会100年祭の開会式で24日、ビアンキ家に感謝状を渡した福博村会(上野ジョルジ会長)の大浦文雄顧問(92、香川県)の心の裡には、冒頭のような強い想いがあった▼というのも、東大の泉靖一助教授(当時)らによる研究書『 […]
  • ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(6)=ヴァルガスに抵抗した反骨の人2016年8月16日 ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(6)=ヴァルガスに抵抗した反骨の人  それにしても「パジーリャ局長」とは一体何者なのか? 当時のパウリスタ新聞を見ても「パジーリャ局長」としか書いていない。日本移民が敵性国民としてさげすまれていた戦時中から特別に日本人プールに使用許可を出し、勝ち負け抗争の余韻が強い終戦5年目に日章旗掲揚に許可を出すほど、日本移民 […]