ホーム | コラム | 樹海 | それいけ! 本門佛立宗

それいけ! 本門佛立宗

お坊さんのゆるキャラ!?

お坊さんのゆるキャラ!?

 宗教行事というと辛気臭く、若者もあまり寄り付かないイメージがある。ブラジルでは既存仏教はそのイメージのまま、新興(?)宗教は違った取り組みをしているように見える。そのせいもあり、布教の広がりは後者が数段上回る▼このたび、サンパウロ州タピライ市で(先月30日付け本紙で詳報)、佛立聖地の宝塔落慶式があった。暑いなか、本門佛立宗の信者約1500人が集った。なかなか趣が違って感慨深かった。楽しませてもらったといえば失礼かも知れないが▼日本でいう「ゆるキャラ」がいたのも楽しかった。会場をお坊さん姿の着ぐるみが行ったり来たり。子供たちにも人気だった。名前を聞くのを忘れたのが悔やまれる。途中若者による典型的なサンバの演奏もあった。そういえば、リベルダーデを「坊主バンド」で練り歩いたことも思い出した。音楽活動を橋渡しと捉えているのだろう▼宝塔も日本でいえば、五重塔だったりするようだが、鉄筋で伊達正宗の兜のような半月がついている、斬新なデザインだ。山内日開上人がヘリコプターに乗り込み、この塔に向かって開眼法要。湖の水面がさざめき、轟音のなか、読経が響き渡るインパクトはすごかった▼今後さまざまな福祉施設を建設していくという佛立聖地構想。コロニアでは聞かないスケールの大きな話だ。事業をけん引するコレイア教伯教区長によれば、全州に拠点を築くのも目標の一つだという。気づいたことは、坊主頭の非日系人は似ているということだ。色んなところにコレイアさんがいるように見え、不思議な感じがあった。このパワーはブラジルの仏教地図を塗り替えそうだ。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点2020年5月8日 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点  「5日はブラジル政界にとって歴史に残る大スクープになるのでは」。そう期待していた人も少なくなかった。だが、結局、それは起こらなかった。  この日、2日に行われたセルジオ・モロ前法相の「ボウソナロ大統領が連警捜査に干渉した」疑惑についての供述内容が全編公開された。だが […]
  • マスクをかければ大丈夫?2020年5月7日 マスクをかければ大丈夫?  ボウソナロ大統領が反隔離を叫び始めて以来、外出自粛に疲れた市民や経済的に困窮した企業家や労働者達による反隔離デモが増えた。  他方、欧米諸国ではコロナ被害がひどいが、アジアでは感染者や死者が少ないと不思議がり、理由を探る人もいる。  社会隔離策は世界中で採用されて […]
  • 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?2020年5月1日 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?  4月24日のセルジオ・モロ法相の突然の辞任はブラジル社会全体を揺るがした。このショックで、ボウソナロ大統領は熱狂的支持基盤を築いてきたSNSでの支持者数が万単位の人数で減少。大統領に大きなダメージまで与えている。  さらに言えば、ダッタフォーリャの世論調査で、モロ氏 […]
  • 外国人医師さえ国民を救おうとしているのに2020年4月30日 外国人医師さえ国民を救おうとしているのに  28日夜、伯字紙記者から「新型コロナの死者が5千人を超えたが」と深刻な事態に関するコメントを求められたボウソナロ大統領は、「それで?(E […]