fbpx

樹海

 長崎に原爆が投下されてから70年の9日、8月に参加するカラオケ大会では毎回「長崎の鐘」を歌う知人(80)の兄(93)が亡くなった▼7日夜、「人が識別できなくなった」と聞いた後だけに、最初に来たのは「やはり」との思いだったが、「父の日」に父や祖父、長兄にあたる人を亡くした遺族の悲しみはいかばかりか。知人夫妻らは同日、郷里ジュキアに飛んだが、8月は「長崎の鐘」を歌うのを常とする知人が9日の大会出場を見合わせていたのは兄の弔いのための神の配剤だと改めて思った▼終戦70年の今年はNHKでも様々な特別番組で、当時小学生だった被爆者達の同窓会は出席者が減り80年は無理との声も出ている事、口をつぐんでいた被爆者達も戦争経験を語り始めた事、被爆者の家族ら、若い人達が語り部としての活動を受け継ごうとしている事などを報じている▼自分が体験していない事を語り伝える事は難しい。しかし、被爆体験を含む戦争経験者が死に絶えてしまう前に語り部としての責務を受け継ぎ、戦争反対や核兵器廃絶を叫び続ける事は、唯一の被爆国である日本と日本人の責任だ▼コラム子の次兄は終戦当時満州におり、母に背負われて引揚者用のトラックに乗せられたが、押し潰されそうになって「痛い」と叫んだ長兄のために母が空間を確保しようとする間に圧死し、引揚船の中で水葬にふされた。それを聞いた時は戦後20年以上経っていたが、以来、「何があっても戦争を許してはならぬ」との思いは頭を離れない。歌やビデオで静かに核廃絶を訴える知人や親族達への慰めも併せ祈る中、長崎の原爆記念日は過ぎていった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年7月2日 コラム オーリャ!  日本文化を継承したい―。フランカ市から約十キロ離れたクリスタイス・パウリスタ市の文化スポーツ観光局長を務めるアリエル・シャロンさん(26)は「日本が大好き」だと言う。去年はフランカ日本人会ANBFR設立に中心的な役割を果たした。 […]
  • 大量殺人に軍警が関与=昨年以降3件に1件の割合2007年7月7日 大量殺人に軍警が関与=昨年以降3件に1件の割合 2007年7月7日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙六日】サンパウロ市市警が五日に公表した大量殺人事件に関するデータで、昨年一月以降発生した事件の三件に一件の割合で軍警が関与していたことが明らかとなった。 […]
  • サンシルベストレ国際レース=大晦日のサンパウロの風物詩=15キロ競争、アフリカ勢が席巻2018年1月4日 サンシルベストレ国際レース=大晦日のサンパウロの風物詩=15キロ競争、アフリカ勢が席巻  ブラジルの大晦日の風物詩、サンパウロの街を舞台に行われる、サンシルベストレ国際レースが17年12月31日に行われた。  1925年に始まったこの長距離走レースは、大戦中も中断される事なく行われ、2017年で93回目を数えた。  長い歴史の中で、女性ランナーの参加が […]
  • 樹海2014年12月25日 樹海  最近日本で「医者に殺される」手の本が人気だ。昨年出版されベストセラーになった「医者に殺されない47の心得」(アスコム出版、近藤誠著)という衝撃的なタイトルの本は、なんとがん治療の専門医が書いたと聞き、取り寄せて読んでみたくなった▼彼の提案は「『とりあえず病院へ』はやめよ」 […]
  • 東西南北2016年10月4日 東西南北  労働者党(PT)の大敗に終わった今回の統一市長選だが、本日付本頁作成上、不都合な事態が起きた。報道写真の無料貸し出しを行う主要サイト二つが2日の市長選を報じた写真をほとんど載せておらず、あっても投票場の一般市民の様子などを写したものか、ハダジ・サンパウロ市市長らPTの政治家を […]