ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 来月引っ越すにあたり、退去手続きを進めている。修繕箇所の確認のため家主の弁護士がわざわざチェックに出向くと聞き、内心ビクビクしていたが、室内では靴を履かず、床も丁寧に磨いていた甲斐があり、「なんてきれいなの!」と逆に驚かれた。当地では屋内でも靴を履くのが一般的で、賃貸物件だとまともに手入れしない借り主が多く、床は特に傷みがひどいとか。ブラジル人に賞賛される「立つ鳥跡を濁さず」の美習普及に、少しは貢献できたかも?
     ◎
 サッカーのアジアチャンピオンズリーグ(南米大陸でいうリベルタドーレス杯)で25日、柏レイソルが広州恒大(中国)との準々決勝第1戦に敗れた。昨年W杯時のブラジル代表監督フェリポンを擁する広州は、これまた元ブラジル代表選手パウリーニョなどが得点し、3―1で先勝。同クラブにはやはりロビーニョ(欠場)も所属しており、元代表クラスの選手を集めた金満チームだ。第2戦は9月15日。ただし、柏の主力にも2人のブラジル人選手がおり、両チームの浮沈はブラジル人にかかっていそうだ。
     ◎
 慶祝団の一人、山田忠雄さんは自他共に認める「ブラキチ」だ。「群馬の森」建設構想時、30代で初めて当地の土を踏んで以来、「物事を考えるスケールが変わった」程に感銘を受けたとか。経営する「株式会社山梅」では社員教育として、毎年2週間のブラジル研修を用意したほど。今回の来伯でも、スケジュール調整をしてパラー州まで足を運ぶようだ。現在73歳。住んでいるのは日本でも、アマゾン移住者のような力強さを感じさせる人物だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル代表=ドゥンガ監督を解任=後任チッチを待ち受ける試練2016年6月17日 ブラジル代表=ドゥンガ監督を解任=後任チッチを待ち受ける試練  6月12日、コパ・アメリカ100周年記念大会、1次リーグ最終戦でブラジルはペルーに0対1で破れ、グループリーグ3位に陥落、同大会から姿を消した。 ペルーの決勝点は完全なハンドで、ブラジルに同情の余地はあるが、初戦のエクアドルでは逆に誤審に助けられ、辛くも引き分け。エクアドル、 […]
  • アギアのパレードに登場したジーコ氏2015年2月21日 外交120周年=親善大使にジーコ&マルシア=日本で記念ミュージカルも  日伯両国が外交関係樹立120周年を迎えるにあたり、サッカー元日本代表監督のジーコ氏(61)と日本で活躍するタレントのマルシアさん(46、三世)が親善大使に任命された。委嘱期間は今月12日から12月31日まで。  ジーコ氏は1991年、住友金属工業蹴球 […]
  • 東西南北2004年5月8日 東西南北 5月8日(土) […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 東西南北2020年11月5日 東西南北  3日に行われた米国大統領選は稀に見る大接戦となり、4日昼現在でも7州で決着がついていない。3日から翌4日朝にかけては、ブラジルでもテレビ、新聞共にこの話題一色。ブラジルの場合、ボルソナロ大統領がトランプ氏を敬愛している関係だけに、同氏が勝利するか否かで対米関係が大きく変わって […]