ホーム | コラム | 樹海 | 理解も納得もできないこと

理解も納得もできないこと

 ブラジルと日本の文化の違いは大きい。そんな考え方、捉え方をするのか―と考えさせられることが多いのだが、理解はできるが納得はできないものもある。そして理解不能なことも多い。どういう理屈で成立しているのだろう…と考え込んでしまったりする▼夜の10時過ぎ。食事も終え就寝前にリラックスした気分で読書を楽しんでいた。突如、窓ガラスがびりびりするほどの大音響が鳴り響き出した。車のスピーカーではなく、カーニバルの山車から流れるレベルである。何事かとベランダに出てみると、近隣住民も窓から身を乗り出している▼走り去ることなく、数十分鳴り続けた音楽は挙句、パラベンスに変わった。つまり、どこかの住人が誕生日を迎え、それを祝う人が業者を雇い、路上でお祝いのフェスタをやらかす「Disk mensagem」というのものだ。祝いたい、友達を驚かせたい気持ちは分かる。しかし「???」が頭の中に渦巻く▼周りの住民もさすがに、微笑みながら一緒にパラベンスを歌わない。明らかに迷惑がっている。誕生日を迎えた人は、嬉しいのだろうか。日本人だったら有難迷惑どころか怒るのでは。だが、喜ぶのだからこの商売が成立するわけだ。疑問なのは、ご近所さんとの関係…いや、そんなことを気にするようなら話はない▼そういえば、下町や田舎では、「おめでとう!愛してるよ◎◎」と書かれた写真入りの横断幕が道路にかかっていたりする。これは微笑ましいといえるが、やはり心理は分からない。ブラジル人を心底理解するのは難しい…そんなことを考えていたら、読書どころではなくなってしまった。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 人文研=川添博さんがZOOM講演=長崎の被爆の歴史を深堀り=参加者と『長崎の鐘』歌合唱2020年9月16日 人文研=川添博さんがZOOM講演=長崎の被爆の歴史を深堀り=参加者と『長崎の鐘』歌合唱  サンパウロ人文科学研究所(モラレス松原礼子理事長)は、ブラジル長崎県人会(森繁親会長)、ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)と共催し、9月26日19時30分より長崎被爆75周年オンライン講演会「75年・長崎・カーニバル・ブラジルから平和の歌を」をZOOMで行う事 […]
  • 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も2020年7月28日 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も  新型コロナウイルスの影響により、年越しイベント(レヴェイオン)やカーニバルのようなサンパウロ市やリオ市に代表される大型イベントの開催が、続々と中止や延期になっている。25~27日付現地サイトが報じている。  年越しイベント「レヴェイオン」に関しては、サンパウロ市のパ […]
  • 東西南北2020年7月23日 東西南北  サンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)に出場するエスコーラ・デ・サンバ(サンバチーム)が「来年のカーニバルは5月に開催してほしい」と、主催者である市に希望していることがわかった。通常は2~3月。20日にスペシャル・グループに属するチームの連合会「LIGASP」の会合 […]
  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲2020年7月17日 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲  保健省による16日晩発表で、新型コロナウイルスの感染者数が200万人を超えた。1日の感染者数は4万5403人(計201万2151人)、死亡者数は1322人(計7万6688人)となり、依然として米国についで世界2位だ。現在に至るまでの2カ月間、正式な保健大臣は任命されず […]