ホーム | コラム | 樹海 | ブラジルの統計数値はどこまで信用できるか?

ブラジルの統計数値はどこまで信用できるか?

キチンと読み書きできる大人は4人に1人しかないという現実

キチンと読み書きできる大人は4人に1人しかないという現実

 本紙2面の19日付記事『本当の失業率は過去最悪=就職断念者入れれば約25%=「政府の雇用改善宣言は欺瞞」』を読んで、思い出した。
 難しい学術書にも関わらず異例の世界的なベストセラーになった『21世紀の資本』を書いた仏人学者トマ・ピケティが、研究対象にブラジルを含めなかった事実を、だ。分かりやすく言えば「ブラジル政府機関が発表するデータでは信用がないから研究もできない」ということだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《ブラジル》「ジウマの政策失敗のつけは、LJ作戦のそれより大きい」2017年4月25日 《ブラジル》「ジウマの政策失敗のつけは、LJ作戦のそれより大きい」  23日付エスタード紙の経済面トップは《ラヴァ・ジャット(LJ)作戦で疑惑を指摘された企業は、この3年で60万人弱を解雇》と報じた。最多解雇をしたのはペトロブラスで、13年12月に44万6千人いた社員が昨年末には18万6千人と、約26万人減、マイナス58%になった―との […]
  • 金持ちほど税金を払わないブラジル税制の現実2016年1月19日 金持ちほど税金を払わないブラジル税制の現実  「富裕層ほど税金が少ない」――という現実を17日付エスタード紙を見て改めて痛感した。最富裕層の3%が総所得の4割近くを握り、貧困層である人口の下半分が13%程度しか得ていないという▼いわく伯国人口の3・6%の富裕なA層(月収1万4695レアル以上)が総所得の37・4%を得てい […]
  • 理想的過ぎる憲法と予告された悲劇2018年5月8日 理想的過ぎる憲法と予告された悲劇  「Tragedia […]
  • 聖州知事選に響きかねないドリアの失言2018年5月4日 聖州知事選に響きかねないドリアの失言  1日の聖市セントロの、不法占拠者が住み着いた24階建てのビルの火災による倒壊は伯国全土を驚かす大ニュースとなった。そのタイミングで、10月の聖州知事選に臨むジョアン・ドリア前聖市市長が問題発言を行なった。彼はこの日、リベイロン・プレットの農業系のイベントで、「あのビル […]