ホーム | 日系社会ニュース | 梅田大使がトカンチンス訪問=知事と会談、日本祭りも視察
トカンチンス文協も訪問した(大使館提供)
トカンチンス文協も訪問した(大使館提供)

梅田大使がトカンチンス訪問=知事と会談、日本祭りも視察

 梅田邦夫・恵子大使夫妻が8月14、15日の「第7回日本文化祭り」に合わせてトカンチンス州を公式訪問し、マルセロ・ミランダ州知事と会談を持った。
 10人以上の州政府幹部らの出席の下、梅田大使は地元日系団体の活動や日本語教育の現状等について意見を交わした。
 ミランダ知事は「日本は日伯セラード農業開発事業など、州の創設直後から数多くの協力プロジェクトを実施している」と緊密な日伯関係を強調。「州は4つの水力発電所があり、水上交通にも恵まれた環境にある。より安価で食糧を輸出するためにも、日本企業からの投資を呼び込んでインフラ整備を行いたい」と期待した。
 味の素、豊田通商、NHフーズ(日本ハム)の3社も同行し、自社の活動を説明。知事らはメモをとりながら熱心に耳を傾けていた。
 日本文化祭りでは、会場のパルマス市ひまわり広場に2日間で約2万人が来場。開会式には主催した同地日伯文化協会のナカムラ・ネルソン・カズオ会長はじめ来賓に州知事夫妻、マルセロ・レリス副知事、メルク・アキノ文化長官などが訪れた。
 梅田大使は「外交樹立120周年の本年、ブラジル全土で約900の記念事業がある。トカンチンスでも今行事を通じ、多くの州民に日本文化への理解を深め、親近感を持って頂くことを期待する」と挨拶した。
 太鼓演奏、茶道、生け花、盆栽、コスプレ、雛人形や七夕飾りの展示や日本食販売も行なわれた。大使館もセラピーロボット「パロ」の展示や、広報DVD・資料を用いた日本文化紹介などを実施した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」2018年11月9日 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が「10月度代表者会議」を先月25日に県連会議室で行なった。和歌山県人会長の谷口ジョゼ日本祭り実行委員長が進める同祭の計画では、県人会の同祭運営の積極参加を求めている。  谷口実行委員長は「来年度の日本祭りに向けた話し合いは民主 […]
  • 日本祭り=本紙ブースに立ち寄っては=『日本文化』など書籍販売2018年7月19日 日本祭り=本紙ブースに立ち寄っては=『日本文化』など書籍販売  県連日本祭りでは今年もニッケイ新聞がブースを出展する。郷土食コーナーの料理リストが載った特集号などを無料配布する。  他にも本紙が刊行した日ポ両語のシリーズ本『日本文化』のセットを特価販売するほか、ベストセラー『ブラジル人のためのニッポンの裏技』などの各種書籍を販売する。 […]
  • 県連代表者会議=記念式典は正午からに時間変更=ギネス挑戦で初の全県参加!2018年6月2日 県連代表者会議=記念式典は正午からに時間変更=ギネス挑戦で初の全県参加!  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「5月度代表者会議」が先月24日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。2ヵ月後に迫る『第21回日本祭り』内で行われるギネス記録、110周年記念式典の時間変更などについて報告が行われた。  7月21日午前11時から正午までとされ […]
  • 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と2018年5月1日 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の4月度代表者会議が26日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。サンパウロ市の日本移民110周年記念式典会場やギネスなどについて説明があったほか、菊地義治ブラジル日本移民110周年祭典委員会実行委員長から移民の日法要への出席が呼び […]