ホーム | コラム | 樹海 | 自らのタブーを乗り越える「復活のフェイジョアーダ」

自らのタブーを乗り越える「復活のフェイジョアーダ」

岡詢さん(2005年のフェイジョアーダ会で)

岡詢さん(2005年のフェイジョアーダ会で)

 岡山県人移住105周年が8月23日に祝われた記事を読みながら、岡詢(まこと)元会長(享年76)が今年5月に亡くなったことを、今さらながら残念に感じた▼フェイジョアーダ会の仕込みをしていた02年6月8日の夜、岡さんは会館の台所の蛍光灯が消えていたので直そうと脚立にのった。それは、グツグツと煮えたぎる大鍋の真上だった。配線を引っ張った途端、岡さんはバランスを崩して落ち、鍋の中身を被ってしまった▼「残念ながらもうダメでしょう」―皮膚の40%が重度火傷、全身をガーゼでグルグル巻きにした岡さんの家族に、医者はそう引導を渡した。以来、県人会では「フェイジョアーダのフェの字も言わなくなった」▼「毎日、ガーゼを取り換えるだけで3、4時間かかった。そのたびに皮膚がもげて血が流れる。あの痛みはやったもんじゃなきゃ分からんよ」と岡さん。通常の痛み止めが利かず、モルヒネを制限まで投与した▼結果的に1カ月で奇跡の退院。いつも県人会のことを考えていた岡さんは、自分のせいで十数年続いてきたフェイジョアーダ会が中止になり、火が消えたようになっていたことを気に病んでいた。「活気を取り戻すにはイベントをやって起爆剤にしなくては」と自ら呼びかけ、反対を押し切って同会を05年に再開催した▼「3年ぶりの味は?」と尋ねると、「婦人部が丹精込めて作ってくれたもの。特別の味。美味しく頂きました」と噛みしめるように語った。県人会への想いで、自らのタブーを乗り越えようとする姿に、取材をしながら感動を禁じ得なかった。ブラジルの国民食に関する日本移民の逸話もまた、味わい深い。合掌。(深)

鍋浴び全身火傷から3年=岡会長、自ら復活呼びかけ=フェイジョアーダ会=岡山県人会で「解禁」
https://www.nikkeyshimbun.jp/2005/050630-72colonia.html

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 身近な人を失う怖さと悲しみ2020年6月4日 身近な人を失う怖さと悲しみ  1月下旬の手術予定日の直前、息子が急に「僕を置き去りにしないよね」と聞いてきた。「する訳ないでしょ」と笑い飛ばしたが、その態度から「何か起きたら」と案じているのが分かった。その時は病院側の連絡ミスで手術は延期された。  2度目の予定日はコロナ感染が騒がれだした3月で […]
  • 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点2020年5月8日 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点  「5日はブラジル政界にとって歴史に残る大スクープになるのでは」。そう期待していた人も少なくなかった。だが、結局、それは起こらなかった。  この日、2日に行われたセルジオ・モロ前法相の「ボウソナロ大統領が連警捜査に干渉した」疑惑についての供述内容が全編公開された。だが […]
  • マスクをかければ大丈夫?2020年5月7日 マスクをかければ大丈夫?  ボウソナロ大統領が反隔離を叫び始めて以来、外出自粛に疲れた市民や経済的に困窮した企業家や労働者達による反隔離デモが増えた。  他方、欧米諸国ではコロナ被害がひどいが、アジアでは感染者や死者が少ないと不思議がり、理由を探る人もいる。  社会隔離策は世界中で採用されて […]
  • 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?2020年5月1日 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?  4月24日のセルジオ・モロ法相の突然の辞任はブラジル社会全体を揺るがした。このショックで、ボウソナロ大統領は熱狂的支持基盤を築いてきたSNSでの支持者数が万単位の人数で減少。大統領に大きなダメージまで与えている。  さらに言えば、ダッタフォーリャの世論調査で、モロ氏 […]