ホーム | 日系社会ニュース | 診療拒否する病院も=不安広がるウニメジ問題
ウニメジのカード(Rafael Neddermeyer/Fotos Publicas)
ウニメジのカード(Rafael Neddermeyer/Fotos Publicas)

診療拒否する病院も=不安広がるウニメジ問題

 国家医療サービス監督庁(ANS)は2日、運営資金などに問題を抱える医療保険会社ウニメジ・パウリスターナ(以下UP社)に対し、10月1日までに74万4千人の顧客を他の医療保険会社に移行させるよう命じた。これを受け、UP社の加入者が検査を申し入れても予約が取れないなどの混乱が一部で広がっており、南米最大級の保険会社だけに日系加入者も相当数いるとみられる。
 伯字紙報道によれば、原則としてUP社は、顧客が利用していたプランと同じ内容の他社保険プランへ移行させねばならない。従来利用していた同じ医者に診療してもらえるプランに移す義務がUP社にはある―とのこと。
 今回の声明が発表された翌日、G1サイトによれば、消費者保護センター(プロコン)には約300件も苦情が寄せられた。苦情の内容は「病院に予約していた手術をキャンセルされた」「赤ちゃんの4カ月診断の予約を取り消された」という深刻なもの。UP社保険を使った診察を拒否する病院が増えており、不安材料になっている。
 サンパウロ市で開業する診療医の南利美医師に聞いたところ、「うちはウニメジと提携しているが、同社からは何の連絡もなかった。新聞やニュースで事態を知った」と言い、「でも、この30日間も診療を受け付けます」と答えた。
 30日間の猶予期間後に、UP社の顧客全員が無事に他社プランに移行できるのか、まだ不確定なようだ。プロコンへ相談したい人は電話151。もしくは窓口に直接出向くか、サイトから連絡することができる。
 なおリベルダーデ区のACカマルゴ癌病院、バンデイランテス病院などは昨年末、援協の日伯友好病院も6月にUP社との契約を打ち切っていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 尋ね人=谷川淳三さん2020年7月11日 尋ね人=谷川淳三さん  熊本県在住の谷川テニさんが、10年間音信不通の弟、谷川淳三(あつみ)さんを探している。  淳三さんは、熊本県人吉市出身で、1960年2月に「ぶらじる丸」でコチアへ移住した。  消息情報に心当たりのある人は、ブラジル日本語センター理事長の日下野良武さんまで連絡(電話=11・ […]