ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■県連元会長 西谷博さん

■訃報■県連元会長 西谷博さん

西谷博さん

西谷博さん

 県連9代目会長の西谷博さんが3日午後8時35分、サンパウロ市のACカマルゴ癌センターで脳溢血のため逝去した。享年95。4日午後2時にイタケーラ区カルモ墓地で葬儀が執り行われ、同墓地に埋葬された。
 鳥取県鳥取市吉成出身、帰化人。1929年に9歳で家族と共に渡伯。戦後60年代にオズワルド・クルース日伯文化協会を創立し、会長として協会の発展や邦人の団結に貢献した。
 70年にサンパウロへ移り、鳥取県人会会長(1995年―2002年、6代目)、ブラジル日本都道府県人会連合会会長(2000―01年、9代目)などを歴任。郷土芸能「鳥取しゃんしゃん傘踊り」の継承普及に尽力し、県・市から各種功労章を受章した。
 日本移民70周年祭記念事業としてカルモ公園桜イッペー植樹委員会(現カルモ桜イペー連盟)を結成し、委員長として桜園の整備を進め、日伯修好百周年の1995年に600本のイッペー植樹活動を行った。2010年には日本政府から旭日双光章を受章した。
 初七日法要は未定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 先没者慰霊碑に正式な管理権=野村市議が仲介、市が県連に=民営化で撤去の危険も2018年10月16日 先没者慰霊碑に正式な管理権=野村市議が仲介、市が県連に=民営化で撤去の危険も  サンパウロ市のイビラプエラ公園民営化計画の検討が進められるなか、権利の所在を明記する書類がないことが懸案事項となってきた「ブラジル日本移民開拓先没者慰霊碑」。その管理権を明記する書類が今月4日、ブルーノ・コバス市長からブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)に正 […]
  • 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人2018年7月7日 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「6月度代表者会議」が先月28日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。日本祭りを約3週間後に控えた最後の会議となり、連絡事項の確認などが行なわれた。  同祭の市川利雄実行委員長は会議当日までに、ギネス記録挑戦に528食 […]
  • 県連代表者会議=来年の日本祭りテーマを打ち出し=県連災害基金創設案も2018年10月9日 県連代表者会議=来年の日本祭りテーマを打ち出し=県連災害基金創設案も  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が「9月度代表者会議」を先月27日に県連会議室で行った。来年度の第22回日本祭りのテーマ案や、相次ぐ日本の自然災害を援助するため、県連災害基金の創設について話し合いが行なわれた。  会議では23日に行われた「第12回弁論 […]
  • 兵庫=日本側で移住110周年=出発の地神戸で記念式典=日伯関係者が170人出席2018年5月1日 兵庫=日本側で移住110周年=出発の地神戸で記念式典=日伯関係者が170人出席  日本側での日本移民110周年記念式典が、第1回移民船が出港した4月28日に神戸で行なわれた。笠戸丸は1908年4月28日に航海に旅立ち、6月18日にサントス港に着いた。そんな日本側の110周年にあたる4月28日に、一般財団法人「日伯協会」(三野哲治理事長)は神戸海洋博 […]
  • ギネス挑戦=「祖先へ感謝、未来に記録」=47県人会で世界記録目指す2018年6月2日 ギネス挑戦=「祖先へ感謝、未来に記録」=47県人会で世界記録目指す  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が主催する『第21回日本祭り』の目玉企画の一つ、ギネス記録の企画を進めるギネスチームが先月21日に記者会見を行い、参加する県人会や団体に感謝を述べた。  ギネス挑戦は7月21日に日本祭り会場2階で行われ、午前7時から正午 […]