ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 7、8日のサンパウロ市セントロ付近は終日雨模様で、久しぶりに激しく降る時間帯もあった。道路は相変わらず氾濫し、小さな川ができる始末。確かにカンタレイラ水源地に雨は必要だが、市内は困る。当地の雨降りには、もれなく「信号機の故障」も付いてくるし、本紙にとって一番厄介なのは「グロリア街の停電」だ。幸いなことに1年ばかりその被害に遭っていないが、そう思って油断したときが危ない―とも。実際、パウリスタ近辺や南部でもけっこう停電は多い。思えば今年に入ってサンパウロ州の電気料金の値上げは、なんと3回もあった。それで停電とくれば、消費者としては開いた口が塞がらない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年5月16日 大耳小耳      ◎  「1カ月ぶりに外に出たよ」。岩手県人会役員の藤村光夫さんが14日朝、マスクをして編集部に古本を買いにやってきた。先週まではほとんど編集部に来る人はいなかったが、今週に入ってポツリ、ポツリと出てきた。来る人、来る人皆が「ずっとうちに居て体を動かさないから、体が動 […]
  • 大耳小耳2020年5月14日 大耳小耳  ブラジル福島県人会が今年の「県連日本祭り」のために購入していた喜多方ラーメン3千袋を先日、フェイスブック上で売りに出したら、投稿からわずか数時間で完売になったことがわかった。同日本祭りはコロナ禍のために中止となり、来年になっていた。だが、前もって購入していたため、キャンセルが […]
  • 大耳小耳2020年5月9日 大耳小耳      ◎  東洋街の居酒屋「一茶」(Rua Barao de […]
  • 大耳小耳2020年5月8日 大耳小耳  コロナウイルス対策のために、サンパウロ州では7日から外出時のマスク着用が義務になり、「こんなに規則を守る人々だったか?!」とおどろくほど街ゆく人々が徹底して着けている。そんな中、リベルダーデ区ガルボン・ブエノ街では、先週より道端でマスクを売っているカメロー(露天商)が増えた。 […]