ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ブラジル日系熟年クラブ連合会(上野美佐男会長)の会報『ブラジル老荘の友』535号が8月に刊行された。川柳欄には時流を読み込んだ興味深い作品がズラリ。《W杯ブラジル負けて街静か》(鈴木ふみ)など、「まさにその通り」という感じ。《黄緑のTシャツ着ても日本人》(原一平)もW杯の応援風景を切り取ったものか。ブラジル人に混じってセレソンを応援しても、仕草がどこかニホンジン。《ここが里俺がルーツの元祖とは》(角谷博)には、「ブラジルが故郷である子供たちにとって、一世である自分は家族のルーツ、元祖なのだ」との移民ならではの感慨を詠ったもの。短歌では《友として師としてあった人逝きて年を取るとはこう言う事と》(尾身千枝子)という急逝した同歌壇選者・新井知里さんを偲ぶ作品も。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月4日 東西南北  2日のサッカーのサンパウロ州選手権。イタケロン・スタジアムで行われたコリンチャンス対サンパウロは2―2で引き分けた。サンパウロが、18年W杯メンバーで今季から古巣復帰のミランダのゴールで先制も、コリンチャンスが後半40分に逆転。だが、試合終了間際にサンパウロが追いついた。同杯 […]
  • 《ブラジル》全物件落札「入札週間」成功裏に=バイア州では鉄道の東西線=港湾5ターミナルも民営化2021年4月14日 《ブラジル》全物件落札「入札週間」成功裏に=バイア州では鉄道の東西線=港湾5ターミナルも民営化  【既報関連】7日に行われた3ブロック22空港の入札を筆頭に、8日の鉄道事業、9日の港湾ターミナルと続いた「入札週間」は成功裏に終わり、予定していた物件の全てで入札が成立したと8~10日付現地紙、サイトが報じた。  8日の鉄道事業は、バイア州イリェイス~カエチテ間53 […]
  • 《ブラジル》入札週間第1弾で22空港の入札成立=連邦政府は33億レ確保=想定額を大幅に上回る好成績2021年4月8日 《ブラジル》入札週間第1弾で22空港の入札成立=連邦政府は33億レ確保=想定額を大幅に上回る好成績  インフラ省が統括して行う入札週間が始まり、第1弾となる22空港の運営権に関する開札では全3ブロックの入札が成立し、連邦政府が33億レアルを確保と7日付現地サイトが報じた。ブラジルの将来的な経済動向を、市場がどう先読みしているのかを占うものとして注目されていた。  3 […]
  • 《サッカー》6月にコパ・アメリカ開催=セレソンの初戦はベネズエラと2021年3月17日 《サッカー》6月にコパ・アメリカ開催=セレソンの初戦はベネズエラと  南米サッカー協会(CONMEBOL)は15日、アルゼンチンとコロンビアでのコパ・アメリカを当初の予定より2日間短縮し、6月13~7月10日に開催することを決めた。参加国は招待国なしの南米10カ国となる。15、16日付現地紙、サイトが報じている。  今回のコパ・アメリ […]
  • 《リオ州議会》マラカナンの正式名称をペレに=マリオ・フィーリョ家が抗議2021年3月11日 《リオ州議会》マラカナンの正式名称をペレに=マリオ・フィーリョ家が抗議  リオ州議会が9日、マラカナン・スタジアムの正式名称を「エスタジオ・エジソン・アランテス・ド・ナシメント」(ペレ)に変更する事を決めたことに対し、マリオ・フィーリョ家が抗議の声を上げたと同日付現地サイトが報じた。  通称「マラカナン・スタジアム」とよばれる巨大サッカー場の正式 […]