ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自分史=死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲 | 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(7)

死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(7)

恩人の石川盛得氏

恩人の石川盛得氏

 この耕地は、まだ未整地だったが、土地は大変肥沃だった。若い連中は共同で住家を作り、山羊小屋作りにせいをだした。年寄りたちは荒地を耕し米を植え付けた。稲はたちまち育ち豊作であった。
 ところが、収穫直前になって40年ぶりといわれる大雨に襲われてしまった。この土地は盆地のように低い土地だったので、一挙に水害にみまわれ、滝から水が襲いかかるように流れ込み、豊作の稲穂は水に沈んだ。水はなかなか引かず、やがて泥にまみれた稲の無残な姿が浮かび出た。
 もはや声さえ出ず落胆し、疲れ果ててしまった。もう動けない。とうとう自分はマラリアに感染してしまった。妻子、老人をかかえている7家族が一丸とならなければならないのに、動けない。
 ドッと涙があふれて、シクシクと泣くばかりであった。妻子を「こうも哀れさせて」という思いに涙があふれてどうにもならなかった。

 闘病、そして再起―カンポ・グランデの県人と親族の恩愛に囲まれて

 しかし、いつまでもこうしてはいられない。
 そこで私は、耕主の上間さんに、「カンポ・グランデに行けば日本人の医者に診てもらえるかも知れないので、どうかバス賃を貸してください」と、たった9コントを貸してもらい、3日間かけて単身でカンポ・グランデ市に行った。
 ペンションに一人で宿泊、持金も何もなく、水ばかり飲んですごした。私は、カッペンに入植する前に世話になった恩納村山田出身の比嘉親繁さんと、同村仲泊出身の石川盛得さんを尋ねた。石川さんが比嘉さんのところに連れていった。
 比嘉さんには本当にお世話になった。病の身の私をわがことのように親切にして下さり、毎日玉子の食事で英気を養うように励まして下さった。約一ヶ月の療養生活であった。
 そこで私は、比嘉さんに、「持ち合わせの金も何もないが、自分は絵を画くことはできますので、健康が許すようになったら絵をカカチクミソーランナ(絵を画かせてくださいませんか)」と頼んだ。
 比嘉さんは、私を自家用のジープに乗せて街に連れていき、画具用品を買い揃えて下さった。私は絵を描きはじめた。
 これを比嘉さんが友人の家を一軒一軒訪ね歩き、「この絵を君たちに売るんじゃない。この人は、病気にかかっているが薬代もないので、その薬代のために助けてやってくれ」と、押し売りまでやって協力して下さった。
 そんなこんなして後、私は、わが村人で市営のメルカードにバンカを持って仕事をしている阿波根菊栄さん(屋良朝苗元沖縄県知事の姪)にもお世話になった。そこでも弱り切った体で何もすることもできないでいた自分は、意を決してハワイの奥原カマル叔母に今日に至る境遇について手紙を書き送った。すると叔母から100ドルと手紙が送られてきた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 安慶名栄子著『篤成』(5)2021年5月12日 安慶名栄子著『篤成』(5) 第2章  夢のブラジル  船内での活動は豊富で、若い人たちの間では相撲や柔道、腕相撲などが人気を集めていました。数年後、それらの娯楽、特に柔道がブラジルのみならず、世界でも人気のスポーツになり、オリンピックの正式種目にまでなるとは彼らには知るすべもなかったでしょう。 […]
  • 《ブラジル》世界が恐れる「原爆級」感染爆発=死者3千人超/日の予想まで=20州でUTI占有率80%超え2021年3月11日 《ブラジル》世界が恐れる「原爆級」感染爆発=死者3千人超/日の予想まで=20州でUTI占有率80%超え  新型コロナの感染爆発と死者の増加は歯止めがかからず、10日は24時間の死者が2286人に達して新記録を更新した。この数字はこの日の世界一で、国際紙は「原爆級」などの言葉で懸念を表明。国外の専門家はブラジルで死者が減り始めるのは5~6週間先とし、保健省も1日3千人の死者 […]
  • 県連代表者会議=日本祭り開催可否3月決定=焦点は会場費の持ち越し問題=ふるさと巡り9月に再延期2021年2月13日 県連代表者会議=日本祭り開催可否3月決定=焦点は会場費の持ち越し問題=ふるさと巡り9月に再延期  ブラジル日本都道府県人会連合会(市川利雄会長)の「2021年1月度代表者会議」が1月28日、オンラインアプリ「ZOOM」で行なわれ、各県人会代表者役員及び青年部を含む48人が参加し、ポルトガル語を中心に開催された。当日は、「県連ふるさと巡り再延期」と「21年の日本祭り […]
  • 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に2021年2月6日 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に  リオ市役所が5日、例年ならばカーニバル恒例のパレードやブロッコの行進などが行われる2月12~22日のイベントや露店販売、観光客を乗せた乗り物の市内乗り入れなどを禁止すると同日付官報に掲載した。  エスコーラ・デ・サンバや主だったブロッコは既に、2月のカーニバル期間中 […]
  • 特別寄稿=まぼろしの『十九の春』=聖市在住 醍醐麻沙夫2021年1月15日 特別寄稿=まぼろしの『十九の春』=聖市在住 醍醐麻沙夫 「私があなたに惚れたのは、ちょうど十九の春でした。いまさら離縁というならば、もとの十九にしておくれ」  これは安里屋(あさとや)ユンタなどと並んで最も知られている沖縄の歌「十九の春」の最初の歌詞です。  もとの十九にしておくれ、と言われてもかなり困るけど、彼女の […]