ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自分史=死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲 | 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(7)

死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(7)

恩人の石川盛得氏

恩人の石川盛得氏

 この耕地は、まだ未整地だったが、土地は大変肥沃だった。若い連中は共同で住家を作り、山羊小屋作りにせいをだした。年寄りたちは荒地を耕し米を植え付けた。稲はたちまち育ち豊作であった。
 ところが、収穫直前になって40年ぶりといわれる大雨に襲われてしまった。この土地は盆地のように低い土地だったので、一挙に水害にみまわれ、滝から水が襲いかかるように流れ込み、豊作の稲穂は水に沈んだ。水はなかなか引かず、やがて泥にまみれた稲の無残な姿が浮かび出た。
 もはや声さえ出ず落胆し、疲れ果ててしまった。もう動けない。とうとう自分はマラリアに感染してしまった。妻子、老人をかかえている7家族が一丸とならなければならないのに、動けない。
 ドッと涙があふれて、シクシクと泣くばかりであった。妻子を「こうも哀れさせて」という思いに涙があふれてどうにもならなかった。

 闘病、そして再起―カンポ・グランデの県人と親族の恩愛に囲まれて

 しかし、いつまでもこうしてはいられない。
 そこで私は、耕主の上間さんに、「カンポ・グランデに行けば日本人の医者に診てもらえるかも知れないので、どうかバス賃を貸してください」と、たった9コントを貸してもらい、3日間かけて単身でカンポ・グランデ市に行った。
 ペンションに一人で宿泊、持金も何もなく、水ばかり飲んですごした。私は、カッペンに入植する前に世話になった恩納村山田出身の比嘉親繁さんと、同村仲泊出身の石川盛得さんを尋ねた。石川さんが比嘉さんのところに連れていった。
 比嘉さんには本当にお世話になった。病の身の私をわがことのように親切にして下さり、毎日玉子の食事で英気を養うように励まして下さった。約一ヶ月の療養生活であった。
 そこで私は、比嘉さんに、「持ち合わせの金も何もないが、自分は絵を画くことはできますので、健康が許すようになったら絵をカカチクミソーランナ(絵を画かせてくださいませんか)」と頼んだ。
 比嘉さんは、私を自家用のジープに乗せて街に連れていき、画具用品を買い揃えて下さった。私は絵を描きはじめた。
 これを比嘉さんが友人の家を一軒一軒訪ね歩き、「この絵を君たちに売るんじゃない。この人は、病気にかかっているが薬代もないので、その薬代のために助けてやってくれ」と、押し売りまでやって協力して下さった。
 そんなこんなして後、私は、わが村人で市営のメルカードにバンカを持って仕事をしている阿波根菊栄さん(屋良朝苗元沖縄県知事の姪)にもお世話になった。そこでも弱り切った体で何もすることもできないでいた自分は、意を決してハワイの奥原カマル叔母に今日に至る境遇について手紙を書き送った。すると叔母から100ドルと手紙が送られてきた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(9)2015年9月29日 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(9)  しかし、言葉もうまくできないし、事情もつかめず、商売のやり方もままならず、結局やめて別の食品店に転業した。それもうまくいかず途方にくれているうちに、やはり自分は自分の「ティージェーク」で身を立てるしかない、ということで看板屋をはじめることにした。 こうしてビラ・カロンのアベニ […]
  • 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(10)2015年9月30日 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(10)  そして、ブラジルのウチナーンチュであることを誇りに思っている。それにしても、「カッペン移民」は「無謀な移民であった」、と言い切って許されることなのか、と。 確かに、「無謀」と言われても仕方がない面があったことは事実である。それでは、何故この「無謀」が許され、71人家族423名 […]
  • 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(6)2015年9月24日 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(6)  出迎えのトラックが、3名の青年と共にやって来てすぐに積荷を始めた。3日目に積荷を完了し、全員がカッペンを後にした。 カッペン耕地を出て、入ってきたコースを悪戦苦闘しながら走り抜け、新しい耕地に入植した。この新開地もまた、最初から森林の開墾、掘立小屋の新築と、昼夜についで全力を […]
  • 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(8)2015年9月26日 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(8)  私は、このお金を上間耕地に残したままの7家族を呼び寄せるための資金にした。本当にありがたい尊い救いのお金であった。 この7家族の仕事口を比嘉真繁さん、石川盛得さんらカンポ・グランデ沖縄県人会の幹部であった方々が、あっちこっちのファゼンダに当たって借地農の仕事を見つけて下さった […]
  • 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(5)2015年9月23日 死線を越えて―悲劇のカッペン移民=知花真勲=(5)  他の家族の人々もこれに感染した。カッペンは、最初から医療施設もなく、無論医者は一人もいない。手の施しようも無く、日本から持参してきた少量のマラリア薬とか、熱さましなどを服用させ、その場しのぎの有様であった。 数日がたって、若い18歳の又吉青年が危篤に瀕した。高熱と震えがとまら […]