ホーム | コラム | 樹海 | 凄まじい「明治の日本人」の一人、岸本昂一

凄まじい「明治の日本人」の一人、岸本昂一

岸本昂一

岸本昂一

 連載中の岸本昂一ほど凄まじい気魄を持ったコロニア出版人を他に知らない。彼の戦後初の著書『南米の戦野に孤立して』は刊行後に国外追放裁判に晒され大変だったが、刊行前の苦労も一通りではない▼出版費用の持ち合わせのない岸本は、予約購読者を募って歩いた。『蕃地の上に日輪めぐる』(岸本丘陽、曠野社、58年)によれば、「今度の仕事の成否は、私自身がこの仕事と共に生き、この仕事と共に死ぬ生死観の決意こそ、この民族的な大仕事を完成させてくれる基本となるものだとの信念から出発したのです」(440頁)との気持ちで、1947年に3カ月間かけてノロエステ線、ソロカバナ線、パウリスタ延長線の移民宅を一軒一軒歩いて回った▼その出発時、岸本は敢えて電車賃100ミルだけを懐中に汽車に乗った。切符代93ミルを払ったら宿賃も朝食代もない状態に自らを追い詰めた。見送りに来た妻は「無茶をしないでください」と無理矢理にもう100ミルをポケットに押し込んだが、折を見てこっそり幼子に「お父さんが出発してからお母さんに渡しなさい」と返した▼その覚悟の結果、1051人から購読予約と前払金をもらい、印刷代に回した。《どこの馬の骨か牛の骨か分からぬ様な者の口車や筆の先に乗って金を出す様な物好きは一人もいないのだ。これはあくまでも著者の私の人格を信じて貰えるかどうかと云うことと、本の内容がどの程度まで眞実を描写しており、また人を動かすに足るものが有るか否かに懸かっているのだ》(『蕃地』438頁)との覚悟だったという。「明治の日本人」らしい心構えに、思わず襟を正した。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは2020年6月30日 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは  コロナ・パンデミックによって、世界が不自然な方向に追いやられている気がしてならない。今回のコロナ対策には現代文明の歪みが、そのまま現れている気がする。こんなことを書くと、怒る方もいるかもしれないが、根本的なレベルからの議論が必要な問題だという意味で提起したい。  今 […]
  • ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖2020年6月26日 ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖  コロナ禍における外出自粛のあいだの過ごし方として「動画配信サービスでの映画やドラマのビンジ・ウォッチング(一気見)」というのが世界的な現象として見られた。  外に出ても映画館もコンサート会場も、スポーツ・スタジアムも開いていない。そんなときにできることと言えば、家に […]
  • 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?2020年6月23日 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?  少し気が早い話だが、もしも在外邦人にも給付金10万円が出た場合、その使い道について提案したいことがある。  共同通信は10日付で《『在外邦人に10万円給付検討/政府、自民の意見考慮』  政府は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策としている1人1 […]
  • 現場の人達は必死なのに…2020年6月18日 現場の人達は必死なのに…  ジョアン・ドリアサンパウロ州知事が、ブタンタン研究所と中国企業が予防接種ワクチンの治療検査(治検)と生産で提携と発表した。  コロナ禍は「予防接種か特効薬が出来るまで終わらない」とされ、開発プロジェクトは130以上あるが、開発には治験が不可欠だ。ブラジルではイギリス […]