ホーム | コラム | 樹海 | 凄まじい「明治の日本人」の一人、岸本昂一

凄まじい「明治の日本人」の一人、岸本昂一

岸本昂一

岸本昂一

 連載中の岸本昂一ほど凄まじい気魄を持ったコロニア出版人を他に知らない。彼の戦後初の著書『南米の戦野に孤立して』は刊行後に国外追放裁判に晒され大変だったが、刊行前の苦労も一通りではない▼出版費用の持ち合わせのない岸本は、予約購読者を募って歩いた。『蕃地の上に日輪めぐる』(岸本丘陽、曠野社、58年)によれば、「今度の仕事の成否は、私自身がこの仕事と共に生き、この仕事と共に死ぬ生死観の決意こそ、この民族的な大仕事を完成させてくれる基本となるものだとの信念から出発したのです」(440頁)との気持ちで、1947年に3カ月間かけてノロエステ線、ソロカバナ線、パウリスタ延長線の移民宅を一軒一軒歩いて回った▼その出発時、岸本は敢えて電車賃100ミルだけを懐中に汽車に乗った。切符代93ミルを払ったら宿賃も朝食代もない状態に自らを追い詰めた。見送りに来た妻は「無茶をしないでください」と無理矢理にもう100ミルをポケットに押し込んだが、折を見てこっそり幼子に「お父さんが出発してからお母さんに渡しなさい」と返した▼その覚悟の結果、1051人から購読予約と前払金をもらい、印刷代に回した。《どこの馬の骨か牛の骨か分からぬ様な者の口車や筆の先に乗って金を出す様な物好きは一人もいないのだ。これはあくまでも著者の私の人格を信じて貰えるかどうかと云うことと、本の内容がどの程度まで眞実を描写しており、また人を動かすに足るものが有るか否かに懸かっているのだ》(『蕃地』438頁)との覚悟だったという。「明治の日本人」らしい心構えに、思わず襟を正した。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?2019年11月12日 ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?  ブラジル最高裁が7日、「2審有罪で刑執行」派が5対6で「刑執行反対」派に負けた。これを受けてルーラ元大統領が釈放され、世間がざわついている。ムリもない。ところが、グローボTV局はあえて大騒ぎせず、「なにか裏にあるのでは?」とかえって不気味な雰囲気を醸し出している。 […]
  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]
  • チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか?2019年11月5日 チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか? ▼「AI5もありえる」という暴言の背景  10月31日、ボウロナロ大統領の息子エドワルド連邦下議は、居丈高に「もしもチリで起きているようなことがブラジルで起き、飛行機のハイジャックや要人の誘拐にまで発展するようなら、現代版のAI5(軍政令)を作って対応する […]
  • コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?2019年11月1日 コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?  聖市市長のブルーノ・コーヴァス氏が癌を煩っていることがわかった。まだ39歳の若さでそんな大病になること自体、かなり驚きだが、これは聖州政界、そして所属の民主社会党(PSDB)にとって、予想だにしない衝撃だったに違いない▼それは同氏が、PSDBにとって手塩にかけて育てた […]