ホーム | 日系社会ニュース | ブラジルだから人情話!=浪曲師春野さん公演へ意気込み
無事到着した春野恵子さん(右)と曲師(三味線伴奏)の一風亭初月さん
無事到着した春野恵子さん(右)と曲師(三味線伴奏)の一風亭初月さん

ブラジルだから人情話!=浪曲師春野さん公演へ意気込み

 【既報関連】今週末に行われる公演のため、浪曲師の春野恵子さんが7日、着聖した。当地の浪曲文化を知り、自らブラジル公演を発案したという春野さんに、公演への意気込みを聞いた。
 春野さんは2014年のニューヨーク公演成功を皮切りに、積極的に国外公演を行う。その中で浪曲文化の根付く当地に興味を持ち、在日ブラジル人の友人らの協力を得て、1年かけ企画実現を果たした。「本当に実現するとは」といまだに信じられない様子だったが、「実際に浪曲の話をしてみたい」と早くも当地での交流に意欲を見せた。
 公演の目玉となる演目は『両国夫婦花火』。江戸・隅田川花火大会を舞台にした、親子、夫婦互いの想い合いを伝える、笑いあり涙ありの人気人情話だ。この演目を選んだ理由について「ブラジルには古き良き日本の義理人情を持った人たちが沢山いるから」と話す。国外公演ではその土地柄にあった親しみやすい演目を選ぶという。イタリアでは男女の恋愛を描いたものを披露した。
 円熟の聞き手たちで溢れる会場を想像すると、「いつもの海外公演と違う。日本でやるような気持ち」と表情を引き締め、「物語の山場では、ぜひ花火を思い浮かべて欲しい」と意気込みを語った。
 公演『春野恵子 浪曲ツアーinブラジル』は、10日午後2時から聖市の広島文化センター(Rua Tamandare, 800, Liberdade)で。浪曲には付き物の「待ってました!日本一!」といったかけ声講座や、三味線に合わせて声を出す弟子入り体験も行われる。ポ語字幕付き。入場無料。ニッケイ新聞主催。在聖総領事館、国際交流基金後援で、日伯外交関係樹立120周年記念、大阪市の助成事業。なお8日午後には、日本人学校で生徒向けに公演・ワークショップを実施した。

■春野恵子さん略歴
 東京大学教育学部卒。知性派タレントとして芸能活動を行っていたが、舞台役者への憧れが強く浪曲と出会いその道を志す。上方浪曲の女流第一人者、二代目春野百合子に師事した。
 近年では各地で年間200回もの公演をこなし、12年には未来の大阪文化を担う人材に対して贈られる大阪市の「咲くやこの花賞」を受賞。14年には中国、ドイツ、ロシアなどで公演を成功させるなど、浪曲文化の普及に八面六臂の活躍を見せている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 講演を行う梅田大使2014年11月18日 文協統合フォーラム=日伯交流の可能性を探る=大使講演、首相来伯で緊密化=3年で900人の伯人受入れへ  日系社会の活性化を目指す「文協統合フォーラム」(西村リカルド実行委員長)が15、16の両日、聖市文協の貴賓室などで行われ、聖州はじめベレン、ブラジリア、ベロ・オリゾンテなど全伯各地から約100人が参加した。梅田邦夫駐伯日本国大使、海外日系人協会の森本昌義理事、デブリット・ […]
  • 西森下議2014年3月25日 パラナ経済使節団が出発=西森州議、交流さまざま ニッケイ新聞 2014年3月25日 パラナ日伯商工会議所による「第41パラナ日伯友好経済使節団」(西森ルイス団長=連邦下議)27人が20日、当地を出発した。30日まで日本に滞在し、東京や兵庫県等で交流を行う。 東京では麻生太郎副総理や河村健夫衆議、岸信夫外務副大臣と面会し、 […]
  • コロニアに響け、女の浪花節!=電波少年のケイコ先生が=浪曲師として初来伯!=10日、広島県人会で公演2015年10月3日 コロニアに響け、女の浪花節!=電波少年のケイコ先生が=浪曲師として初来伯!=10日、広島県人会で公演  日本の人気テレビ番組『進ぬ!電波少年』で2000年頃、家庭教師・ケイコ先生として人気を博し、現在は浪曲師として活躍中の春野恵子さんが、公演『春野恵子 浪曲ツアーinブラジル』を10日午後2時から、聖市の広島文化センター(Rua Tamandare, 800, […]
  • 日系第1号に小川彰夫さん=リオ五輪の聖火ランナー2016年5月5日 日系第1号に小川彰夫さん=リオ五輪の聖火ランナー  リオ五輪まで100日を切り、つい一昨日から当地で聖火リレーが始まった。第一走者としてバレーボール女子代表のファビアナ・クラウジノがブラジリアで聖火を受け取り、8月5日の開幕まで全伯をかけ巡る。 一般からも約1万2千人が参加する中、日系ペディアや日系WEBを運営する小川彰夫さん […]
  • 東海大の学生ら10人来伯=第5回伯スタディーツアー2016年3月12日 東海大の学生ら10人来伯=第5回伯スタディーツアー  東海大学の学生らが中心になって活動する外国人児童の支援団体「ベイジョ・メ・リーガ」のメンバーら10人が、第5回ブラジルスタディーツアーのため先月26日から当地に滞在している。 「ベイジョ―」は2009年に発足。在日ブラジル人を中心とした、外国籍児童の学習支援や多文化交流イベン […]