ホーム | 日系社会ニュース | サントスで邦人殺害=バス停で強盗に撃たれる

サントスで邦人殺害=バス停で強盗に撃たれる

 【リオ・デ・ジャネイロ共同】ブラジル・サンパウロ州サントスで19日午前1時半ごろ、バス停にいた日本人が銃を持った2人組の強盗に襲われ、死亡した。在サンパウロ日本総領事館が明らかにした。
 総領事館は被害者の身元を明らかにしていないが、地元メディアによると、被害者は男性のルアン・オオシロさん(18)=漢字表記不明=。千葉県市原市生まれで、14年前から父親と弟と共にブラジルで生活していた。
 地元メディアが伝えたオオシロさんの弟の話によると、オオシロさんは18日に飲食店でのパーティーに出席した帰り、友人とバス停でバスを待っていたところ、背後から近づいてきた自転車の2人組に携帯電話を渡すよう要求された。オオシロさんは抵抗せず、携帯電話を渡そうとしたが、撃たれた。犯人は何もとらずに逃走した。
 オオシロさんは大学で経済学を学ぶため、熱心に受験勉強をしていたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ