ホーム | 日系社会ニュース | サントスで邦人殺害=バス停で強盗に撃たれる

サントスで邦人殺害=バス停で強盗に撃たれる

 【リオ・デ・ジャネイロ共同】ブラジル・サンパウロ州サントスで19日午前1時半ごろ、バス停にいた日本人が銃を持った2人組の強盗に襲われ、死亡した。在サンパウロ日本総領事館が明らかにした。
 総領事館は被害者の身元を明らかにしていないが、地元メディアによると、被害者は男性のルアン・オオシロさん(18)=漢字表記不明=。千葉県市原市生まれで、14年前から父親と弟と共にブラジルで生活していた。
 地元メディアが伝えたオオシロさんの弟の話によると、オオシロさんは18日に飲食店でのパーティーに出席した帰り、友人とバス停でバスを待っていたところ、背後から近づいてきた自転車の2人組に携帯電話を渡すよう要求された。オオシロさんは抵抗せず、携帯電話を渡そうとしたが、撃たれた。犯人は何もとらずに逃走した。
 オオシロさんは大学で経済学を学ぶため、熱心に受験勉強をしていたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 左から奥原監督、諸見里市長、ポリシさん、深沢編集長、キシ検察官(Foto: Guilherme Perez)2015年6月11日 恩讐超え握手、感動の場面も=レジスタンス記念館で『闇の一日』=移民迫害の歴史見直しに拍車  映画『闇の一日』(奥原マリオ純監督、12年)上映会が6日午後、サンパウロ市のレジスタンス(抵抗運動)記念館で開催され約200人が参加した。政治経済警察(DOPS)が40年余り使っていた建物を08年に記念館に改修し、表現の自由や人権侵害を啓発する同館主催イベント「土曜レジス […]
  • 2008年12月30日 ニッケイ新聞編集部が選んだ コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2008年12月30日付け  百周年に明け、百周年に暮れた2008年。日本移民百周年と日伯交流年の今年は、1年を通じて両国で約1500の記念行事が実施されるなど、他の周年事業とは比べ物にならない盛り上がりを見せた。1月の開幕行事から、2月のカーニバルでは各地 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 《リオ市》マリエーレ氏殺害=容疑者は殺人容疑で収監中=やはり車で追跡後に射殺2018年5月11日 《リオ市》マリエーレ氏殺害=容疑者は殺人容疑で収監中=やはり車で追跡後に射殺  【既報関連】3月14日にリオ市中央部で起きた、マリエーレ・フランコ市議(自由社会党・PSOL)と運転手のアンデルソン・ゴメス氏殺害事件で、首謀者の一人と名指しされた元軍警のオルランド・デ・アラウージョ氏は、同件と酷似する殺人事件関与の疑いで逮捕中と9、10日付現地紙サイトが報 […]
  • リオ市=格闘家と医大生を逮捕=路上生活者の女性殺害で2017年11月17日 リオ市=格闘家と医大生を逮捕=路上生活者の女性殺害で  10月18日にリオのコパカバーナで起こった路上生活者の女性殺人事件で、リオ市警は14日、総合格闘家と医大生の2人を殺害容疑で逮捕した。16日付エスタード紙が報じている。  殺害されたのはフェルナンダ・ロドリゲス・ドス・サントスさん(40)で、10月18日にリオ南部コパカバー […]