ホーム | コラム | 樹海 | 頑張れ! おばあ茶ん

頑張れ! おばあ茶ん

 サンパウロやパラナの内陸でサトウキビ畑を眺めていると、「昔は全部コーヒー畑だったんですよ」と地元の人に聞いたりする。トメアスーのピメンタ畑も今は昔。病気や相場があるから、農業は難しい。かつて紅茶で栄えたレジストロもそうだ。わずかに残る紅茶畑で、「ここから眺める夕日が最高なんです」と語ったある二世の言葉が忘れられない。〃紅茶の都〃と言われただけに、思いは強い▼5歳から茶畑に立つ島田梅さん(88、二世)が、手摘みで製茶する銘柄「おばあ茶ん」を昨年、立ち上げた。輸出用茶葉の納品先から出荷を断られたさい、「茶畑をアブラッソ(抱擁)して泣いた」が一念発起した。お茶、地元への愛は誰よりも強い。そんな梅さんが明日25日、愛知県尾張旭市で行われる『第4回紅茶フェスティバル』に参加する(22日付け)▼すでに大会関係者は「おばあ茶ん」を試飲している。「すっきりとしながらもふくよかな味わいを持ち薫り高い。世界に通用する品質」と高評価。同フェスには日本中から紅茶の専門家が集まる。NHKや名古屋テレビの取材も決まっており、トークショーも予定されているようだ。訪日直前、本紙編集部に立ち寄り、「もう頑張るしかないです!」と表情を引き締めた梅さん。このPRが実り、何かのチャンスに繋がってほしい▼ブラジルといえばコーヒーだが、紅茶もあり、その歴史にはレジストロの日本人が関わったこと。そんな史実も日本のより多くの人に知ってほしいと思う。米寿を迎え、レジストロの意地を背負って立った梅ばあちゃんの活躍にコロニアからも声援を送りたい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]
  • コラム 樹海2013年9月28日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年9月12日  ブラジル移民の父として有名な水野龍。それでは沖縄移民の父が誰かご存知だろうか? 〃元年者〃に遅れること32年、初めて沖縄からハワイ移民を送り出した當山久三だ。1903年の第2回渡航では自身も船に乗り込みサトウキビ栽培や英語の習得に勤しんだ。 […]
  • コラム 樹海2013年11月30日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年11月27日  先ごろ、日本の有名レストランやホテルチェーンでの食品偽装が表面化した時、8日付けグローボ・ニュースは《責任者は〃心の底から〃陳謝し、損害を受けた消費者がいれば百万ドルまで損害賠償するという。少なくともそのお金が偽物でないことを祈る》と皮肉 […]
  • 《ブラジル》9月の工業生産は前月比0・3%減=ミナス、リオ・グランデ・ド・スル州が牽引2019年11月12日 《ブラジル》9月の工業生産は前月比0・3%減=ミナス、リオ・グランデ・ド・スル州が牽引  地理統計院(IBGE)が8日、9月の国内の工業生産高は前月比プラス0・3%だったと発表した。8、9日付現地各紙・サイトが報じている。  月別工業生産高は、国内15地域別に算出される。8月から9月にかけては10地域で工業生産が伸びた。最も伸び率が大きかったのはバイーア州の4・ […]