ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 28日、ブラジリアの下院の「緑の間」で、市民団体のメンバー8人が柱に背中を向け、手をつないで輪をつくって座り込むという、ユニークな抗議行動を行った。この団体は、ジウマ大統領罷免を訴える市民団体で、この行為は、エドゥアルド・クーニャ下院議長に対して、下院での大統領罷免請求の審議を始めるよう訴えたものだ。彼らは「訴えが聞き入られるまでここを動かない」と主張しており、メンバーの中には長期の座りこみを想定して紙おむつを持参した人もいたという。罷免の審議は現実味を帯びてきたとは言え、まだ時間のかかることのはずだが。この熱意は果たして届くか。
     ◎
 サンパウロ市のパウリスタ大通りに近い富裕層居住街、オスカー・フレイレ通りに超高級公衆トイレができて話題となっている。見た目は高級ホテルの入り口風で、執事の格好をした従業員がお出迎えする。男女共10平米近いスペースで蛇口は金色、女性用はバスタブまでついているという高級トイレは、当面は11月25日まで毎日利用可。継続は使用状況次第だ。話題性だけの無駄使いにならないことを祈りたい。
     ◎
 サッカーのブラジル杯準決勝第2試合が28日に行われ、決勝はサントス対パルメイラスのサンパウロ州対決になることが決まった。サントスは第1試合と全く同じの3―1のスコアでサンパウロを圧倒。一方、パルメイラスは本拠地アリアンツ・パルケでフルミネンセに2―1で勝ち、合計スコアをタイにした後、PK戦で相手の相次ぐミスにも助けられ4―1で振り切った。決勝は11月25日と12月2日だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]
  • サンパウロ州選手権=順当に伝統チームが八強入り=警備に頭を悩ます警察2016年4月12日 サンパウロ州選手権=順当に伝統チームが八強入り=警備に頭を悩ます警察  サッカー・サンパウロ州選手権1部の第一ラウンド最終節が10日に終了した。 サンパウロ州伝統の4強、コリンチャンス、サンパウロFC、パルメイラス、サントスFCは共にベスト8、準々決勝進出を決めたが、その事がサンパウロ州サッカー連盟(FPF)の悩みの種となった。 準々決勝は次の週 […]
  • 東西南北2016年4月12日 東西南北  ジウマ大統領罷免阻止に苦しい展開の労働者党(PT)に、追い討ちをかけるように内部分裂の危機が浮上している。11日付フォーリャ紙によると、ルーラ政権で法相を務めた、前南大河州知事のタルソ・ジェンロ氏を筆頭に、PTに失望した党員たちが今年10月の市長選後に新党結成を目指すというの […]
  • 東西南北2016年4月9日 東西南北  国際オリンピック連盟ギリシャ支部は8日、オリンピックの聖地アテネで21日に行われる予定の聖火点灯式にジウマ大統領が出席できないと発表した。現在、下院ではジウマ大統領の罷免に向けた動きが進んでおり、実施が避けられないと見られている本会議での投票は17日。この日の会議で罷免審議継 […]
  • 東西南北2015年10月17日 東西南北  13年の全国規模でのマニフェスタソン以来、様々な抗議活動に登場しては銀行や商店などへの破壊行為を行ってきたブラック・ブロックスが15日に再び姿を現した。同日は、サンパウロ州政庁前で、街灯の壊れた部分を武器に門の破壊を試み、とび蹴りを行なうなどする姿が見られた他、敷地内で爆発物 […]